移住支援情報ポータルサイト移住支援.com

メニュー

地方移住を希望するのはどんな人?7つのタイプを詳しく紹介【田舎暮らしをしたい!】

更新日: May 16, 2020

地方移住を希望するのはどんな人?7つのタイプを詳しく紹介【田舎暮らしをしたい!】

自分に合う移住先はどこ? 移住先を考えるとき、まずは自分のタイプを知ることから始めましょう。博報堂による「地方移住・定住希望者の価値観 7タイプ」から、地方移住者の7つのタイプを、それぞれ詳しく紹介します。

あなたはどのタイプ?移住希望者7タイプ

地方移住希望者と一括りでいっても、それぞれ移住先でやりたいことは違うはず。そんな地方移住・定住希望者の価値観を7つのタイプに分類したものが、株式会社博報堂の「地方移住者タイプ別分類調査」です。この調査は2015年に20~69歳の男女2000人を対象に行われました。性別・年齢・家族構成などの特徴を分析し、地方移住・定住希望者の価値観を把握して以下の7つのタイプ別に分類しています。

  1. こだわりモノづくり志向
  2. スローライフ志向
  3. アーリーリタイア志向
  4. 教育移住志向
  5. 地域コミュニティ創造志向
  6. スタートアップ志向
  7. 地域(社会)貢献志向

自分がどのタイプかを知ることによって、どのような移住先が合っているか、移住先の地方で何をしたいかの目的が明確になりますね。それでは、7つのそれぞれのタイプについて詳しくみていきましょう。

タイプⅠ:こだわりモノづくり志向

仕事に生きるより、自分らしく生活を楽しむことを重視しているタイプ。自分の好きなことや趣味のモノづくりに集中する時間をしっかり持ちたいと考えている人に多いです。就農や伝統的なモノづくりなどにも興味があり、自分の感性を生かしたいという意識も強いでしょう。移住前にお試し移住や地域おこし協力隊などの制度を利用して、本当にやりたいことが自分にあっているか事前に確かめておくことが大切です。

地域おこし協力隊の仕事とは?募集している自治体や給与、注意点などを紹介

自分で農作物を育てる

地方に移住したら自分で農業をしてみたいと考える人は多いのではないでしょうか。実際に地方移住をして農業で暮らしている人はたくさんいます。なんとなく悠々自適で自由なイメージがある農業ですが、経営感覚や地元の人との付き合いがとても大切です。農業と一口で言っても畑や稲作、畜産など種類はさまざま。自分のやりたいことは何かをしっかり考えて行動しましょう。

伝統的なモノづくり

旅行などで地方に行った際に、その地域の伝統工芸に興味を持ったことはありませんか? 移住にいたる経緯にはさまざまな理由がありますが、伝統工芸の職人を目指して地方移住するという人は少なくありません。日本の伝統工芸品の中には後継者問題で悩んでいる自治体も多く、移住者の支援に積極的なところもあります。自然に囲まれた環境で、自分の好きなモノづくりを極めてみるのもいいですね。

タイプⅡ:スローライフ志向

都会の忙しさや人間関係に疲れ、地方でのんびり気ままに暮らしたいと考えているタイプ。新鮮な食べ物やおいしい水、空気に囲まれた地方での暮らしを理想としており、そのぶん地方への憧れで移住を考えている傾向があります。イメージばかりが先行し、移住先になじめないというリスクが大きいため、移住先についてはしっかりと検討しましょう。

おいしい食べ物、水・空気に囲まれる

大自然に囲まれ、綺麗な空気の中で採れたての野菜などを食べて過ごす毎日に憧れる人も多いでしょう。農作業やガーデニングをして、穏やかに田舎暮らしを満喫する生活はとても魅力的ですね。健康で安定したナチュラルライフを送りたいという人は、移住先で何がしたいか考え目的を実現できる場所を探してみましょう。

人情味のある人間関係

地方は良くも悪くも人間関係が密な場合が多く、不安に感じる人もいるかもしれません。しかし都会とは違い、お互いに助け合いながら生活していくことこそ、地方移住の魅力ともいえます。地域コミュニティに溶け込める、人付き合いが好きな人に向いているでしょう。しかし、実際に地域のコミュニティに馴染めなくて、疎外感や孤独を感じるようになるケースもありますので、旅行やお試し移住などで移住前に人間関係を構築しておくと安心です。

タイプⅢ:アーリーリタイア志向

アーリーリタイアとは、早期リタイアともいい定年退職前に仕事を引退することです。一般的には30~50代でリタイアを選択するケースを指します。都会の忙しさから解放され、できるだけ楽に暮らしたいと考えているタイプ。現状の日常生活に不満があり、老後は自分の好きなことをして過ごし、豊かでのんびりとした生活をおくることを志向している人に多いでしょう。大きく分けて「完全リタイア」と「セミリタイア」の2種類がありますが、いずれもリタイア後の資金計画に注意が必要です。

完全リタイア

完全に仕事を辞め、早期退職後は貯蓄のみで生活をおくるのが「完全リタイア」です。「憧れの田舎暮らしをしてみたい」「趣味など自分の好きなことをして過ごしたい」と早期退職後の地方移住へのニーズが近年高まっています。仕事のストレスから解放され、時間を有意義に使えるのは魅力的に感じるでしょう。しかし、完全リタイアとなると十分な貯蓄がないと、せっかくの自由な生活が苦しいものになってしまいます。50代で完全リタイアを選択した場合、独身でも5千万円、家族がいれば1億円もの資産が必要といわれています。アーリーリタイアを考えている人は、老後のための貯蓄をしっかり準備しておきましょう。

セミリタイア

完全リタイアとは違い、フルタイムの仕事は辞めたもののフリーランスやアルバイトとして働き、軽い収入を得ながら趣味などを楽しむのが「セミリタイア」の特徴です。以前より減ったとしても資金源があるので、資金面での不安は完全リタイアよりも少ないでしょう。しかし、地方移住後に仕事が見つからないというケースもあるので、在宅ワークなど移住先でも継続できる仕事を見つけておくと安心ですね。

タイプⅣ:教育移住志向

家族の幸せを第一に考えており、子供を自然豊かな環境で育て、よりよい教育・得意を伸ばせる機会を与えたいと考えているタイプ。小学生以下の子供を持つ20、30代の女性に多く見られます。仕事のIT化で在宅ワークになったり、新幹線通勤などが可能になったりしたことで、地方移住を考える子育て世代も増えてきました。地方には、以下のようなユニークな教育をしているところもあります。子供の教育のことを考えて地方移住を検討している人は、移住先の自治体にどんな教育をしている園や学校があるのか調べておくといいでしょう。

国際教育(新潟県 魚沼市)

文科省の教育課程特例区の指定を受けているため、市内の教育課程特例校(許可を受けた特定の学校だけ全国一律の規制とは違う制度を認める仕組み)では小学一年生から国際理解や英語教育といった授業が取り入れられています。市内に国際大学があることから、大学と連携して豊かな国際感覚や英語を通してのコミュニケーション能力を身につけることが期待できますね。

南魚沼市ウェブサイト

ふるさと・伝統(青森県 五所川原市)

市内の炭焼き窯がある小学校では、炭焼きの歴史や炭焼き作業などを地域の人と一緒にする炭焼き体験ができます。他にも田植えや稲刈り体験を通して、お米の作り方について学ぶ稲作体験などもあり、地域に根差した教育を積極的に行っています。

五所川原市

先進教育(長野県 下諏訪町)

一風変わった教育が下諏訪町の「宇宙教育」です。JAXA(宇宙航空研究開発機構)と連携して講師を派遣したり、教職員や地域の人向けの宇宙教育指導者セミナーを行ったりしています。児童や生徒、保護者を対象にしたコズミックカレッジでは、「宇宙とはどんなところか」「どこからが宇宙?」などの疑問に答え、実験などを通して宇宙について詳しく学びます。

下諏訪町ホームページ

タイプⅤ:地域コミュニティ創造志向

家族・友人や地域の人々との交流を楽しむタイプ。ボランティア等の地域に根差した活動を積極的に行い、自分の手で地域を盛り上げたいと考えている人に多いでしょう。地域のコミュニケーションに馴染めるかは、移住をするうえでとても重要な問題ですが、このタイプの人は人間関係の濃い田舎暮らしにぴったりともいえますね。特にミドル層(30~50代)の女性に多く見られます。

タイプⅥ:スタートアップ志向

ゼロから自分の力でビジネスをスタートしたいという、チャレンジ志向が高いタイプ。このタイプの人は新しいことにどんどんチャレンジし、自分を表現できる場所を探しています。仕事のやりがいと生活の充実の両立を考えている人に多く、20~40代の男性やフリーランス層が高い割合をしめています。移住先自治体の移住起業補助金などの制度を上手く利用しましょう。

タイプⅦ:地域(社会)貢献志向

移住先で社会や地域の問題に積極的に取り組んでいきたいと考えているタイプ。自分の能力、経験を活かして自分の役割を果たしたい人に多くみられます。地域社会には課題も多いので、移住先によっては自分の知識や経験が活かせるかもしれません。

まとめ

それぞれのタイプによって移住の目的は違います。事前に自分のタイプを知っていれば、同じタイプの先輩移住者の話を聞くことができるでしょう。地方移住という理想の裏には、必ずデメリットも存在します。情報収集や実際に現地を訪れるなどして、地方移住の現実をしっかりと考えることが大切です。そのためにも「地方移住・定住希望者の価値観 7タイプ」で自分のタイプや志向をぜひ把握しておきましょう。

移住支援.comは、地方移住を検討中の方へ移住情報をご提供する移住支援ポータルサイトです。

地方移住を失敗しない移住にできるよう、移住に関する仕事や求人・賃貸や古民家など物件情報、移住先での生活環境や自治体の支援制度など、移住に関する様々な情報で移住を支援します。地方への移住をご検討の方は、移住支援.comにお任せください!

© 2020 ijyu shien.com