移住支援情報ポータルサイト移住支援.com

メニュー

【田舎暮らしを始めたい!】移住体験ツアー?週末移住?デュアルライフ?お試し移住のおすすめ!

更新日: May 16, 2020

【田舎暮らしを始めたい!】移住体験ツアー?週末移住?デュアルライフ?お試し移住のおすすめ!

地方移住に興味があるけれど、いきなり移住するのは不安…そんな方は移住体験ツアーへの参加や期間限定、週末だけ、今の生活拠点を残しつつお試しで移住してみるのがおすすめ。家族の理解を得るためにもお試し移住をしてみませんか?

地方移住を決める前の選択肢1:移住体験ツアーに参加する

地方移住を検討するとき、まず考えるのは「どこに住むか」ですよね。候補はいくつかあれど、これといった決め手がなかったりして、どこにすれば良いのか悩むのは当たり前です。

そんなときにおすすめしたいのが、移住体験ツアーです。気になっている移住先がどんな土地柄なのか、どんな人が住んでいるのかなど、移住に関するさまざまな不安要素を解消すべく、移住者受け入れを希望している各地で移住体験ツアーが実施されています。

移住後のイメージがわきやすくなる移住体験ツアー

地方移住を考えている人におすすめなのが移住体験ツアーです。移住体験ツアーは最短で日帰り、最長で1ヶ月や半年移住体験ができるものもあります。その土地の魅力を知ったり、地域住民の方々と触れ合うことで、移住後のイメージが湧きやすくなる移住体験ツアーですが、この移住体験ツアーには、大きく分けて3つのタイプがあります。

  1. パッケージ型体験ツアー
  2. オーダーメイド型体験ツアー
  3. 職業体験ツアー

です。各ツアーの特徴を説明するので、移住前の参考にしてみてください。

パッケージ型体験ツアー

開催日や行き先が予め決められており、他の参加者と一緒に、学校、病院、スーパーなどを効率よく視察することができるツアーです。自治体によっては地域住民との交流会も実施されるので、移住後の生活をイメージしやすいでしょう。

オーダーメイド型体験ツアー

パッケージ型と違い、日程や場所などは決まっておらず、参加者の要望に沿って現地を案内してくれるツアーです。日帰りでの対応が可能な自治体もあるので、まとまった休みが取りづらい人におすすめです。

職業体験ツアー

移住後の仕事を想定し、現地で就業体験ができるツアーです。農業や漁業など、自治体によって体験できるお仕事もさまざまです。

地方移住を決める前の選択肢2:週末移住を試してみる

家族それぞれが抱える仕事や人間関係などを考えると、いきなり生活拠点を変えることは容易ではありません。また、実際に住んでみてから気付くこともたくさんあります。そこでおすすめなのが、「週末移住」です。その名の通り、週末だけ移住するライフスタイルのことです。完全移住する前に、試してみてはいかがでしょうか。

週末移住とは?

平日は今住んでいる場所で生活しながら、週末だけ移住を考えている地域で生活してみること。地域活性化の狙いから、国土交通省も推奨しているライフスタイルです。移住先の選定として、もしくは休日のリフレッシュ目的で週末移住をするのもいいでしょう。

移住するのかを決めかねている場合は、週末移住での居住先を賃貸で借りることをおすすめします。ただし、週末移住は良いことばかりではありません。メリット、デメリットをきちんと把握した上でご検討くださいね。

週末移住のメリット

都会の喧騒を忘れてリフレッシュできる

普段、時間に追われて過ごしている人にとっては、ゆったりと時間が流れる田舎での生活で心も身体もリフレッシュできます。週末だけは仕事を忘れて、自然の中での遊びや農業など、都会ではなかなかできないことに挑戦することで、非日常を味わうことができるでしょう。

自然の中で子育てができる

ゲーム機やテレビ、インターネットの普及などにより外遊びをせず、自然と触れ合わない子供が増えています。自然との触れ合いは子供の成長にとても重要で、子供の学習能力、創造力を高め、メンタルヘルスを健全に保つことがさまざまな研究結果から示唆されています。さらに、自然の中での遊びは、問題解決能力、集中力、自制心の発達にも役立ちます。身体を動かすため肥満抑制の効果もあると言われています。

週末移住でも補助金がでる自治体がある

地方移住すると補助金がもらえるという話は聞いたことがあるかもしれませんが、週末移住でも補助金の対象としている自治体もあります。例えば、空き家を改修して住む場合の工事費の一部を負担してくれるなど、自治体によって条件はさまざまですが、こうした補助金を利用して週末移住を楽しむのもいいのではないでしょうか。

週末移住のデメリット

2拠点での生活や移動の費用がかかる

週末移住は、都内の住居もそのままに、地方に新しい住居を構えるわけですから、家賃や光熱費などの費用負担が2軒分になります。また、2軒の住居を行ったり来たりするための交通費もかかります。そのため、週末移住をする前より出費は増えるでしょう。

住まいの管理が大変

地方に構えた住居の清掃や、庭のお手入れなども当然必要になります。快適な週末移住ライフを送るためにも、掃除などの管理は欠かせません。到着した日は掃除に追われて、リフレッシュの時間を作るのが難しいかもしれませんね。

週末移住先への移動が大変

電車や車を使って都内から数時間の距離に週末移住を決めたとしても、移動に時間も労力もかかります。電車の遅延や道路の渋滞などにハマると更にヘトヘトです。移住地が遠ければ遠いほど、移動が億劫になってしまう可能性が高いです。

都会と田舎を楽しむデュアルライフ(2拠点生活)がブーム?

都会と田舎、両方に家を持つことをデュアルライフ(2拠点生活)といいます。かつては別荘が持てるような富裕層や、定年後の優雅なリタイア組が楽しむものというイメージでしたが、最近は20~30代の若いファミリーなどにも人気が出ています。

豪華な別荘を買わなくても、空き家を改修したり民泊を楽しんだりと、以前よりも安価にデュアルライフを楽しめるようになってきたため、誰もが気軽にできるものものだと世間の認識が変化、デュアルライフの人気が急上昇中です。デュアルライフ実施後は、豊かな自然に癒されたり、新たなことに挑戦したりと、多くの人の満足度が増しています。各自治体も、地域活性化に繋がるデュアルライフを推奨しています。

デュアルライフの魅力1:お試し移住をしてみたい

先程ご紹介した移住ツアーや週末移住も、デュアルライフの魅力のひとつです。地方移住に興味があるが、仕事や人間関係の兼ね合いなどにより、本格的に移住するのが難しい人にデュアルライフはおすすめです。

また、移住を検討している人を対象にした、現地の暮らしを体験するために一定期間滞在できる施設があります。「お試し住宅」といい、低価格で宿泊できるところがほとんどで、自治体によっては無料で利用できるところもあります。

デュアルライフの魅力2:田舎暮らしを体験したい

都会育ちで故郷と呼べる場所がない人や、時間に追われている人、心に余裕がない人など、田舎や郊外での生活に憧れを抱いている人も少なくありません。都心では共働きが増えていることもあり、とにかく利便性重視で生活している人が多くいます。デュアルライフは、そんな都心生活によるストレスを緩和する手段としても取り入れられています。

デュアルライフの魅力3:趣味を楽しみたい

海や山のレジャー、農業など、都会ではなかなかできない趣味をより楽しむために拠点を持つ人も増えています。平日は都会でバリバリ働き、週末は田舎でどっぷり趣味を満喫…なんて生活ができるのも、デュアルライフの魅力です。

デュアルライフの魅力4:デュアルワークをしてみたい

デュアルワークとは、ふたつの地域やふたつの企業などで仕事をするという新しい働き方です。例えば、都心での仕事では自己承認欲求が満たされない場合や、仕事が忙しすぎてオンオフの切り替えができない場合など、地方に移動して他の仕事もすることでメリハリがつき、生活の質が上がるとされています。地方にも仕事はたくさんあります。今の働き方に疑問や不安を抱いている人はデュアルワークを検討してみても良いのでは? 

まとめ

心にゆとりができたり、新しいことに挑戦したりと、移住をしたことで豊かな生活を送れるようになり、生活満足度が上昇している人がほとんどです。移住のタイプはさまざまなので、自分にあった移住ライフを見つけて、充実した毎日を送ってくださいね。

移住支援.comは、地方移住を検討中の方へ移住情報をご提供する移住支援ポータルサイトです。

地方移住を失敗しない移住にできるよう、移住に関する仕事や求人・賃貸や古民家など物件情報、移住先での生活環境や自治体の支援制度など、移住に関する様々な情報で移住を支援します。地方への移住をご検討の方は、移住支援.comにお任せください!

© 2020 ijyu shien.com