移住支援情報ポータルサイト移住支援.com

メニュー

移住してみたい都道府県ランキング!地元民がおすすめする市区町村は?

更新日: Sep 30, 2020

移住してみたい都道府県ランキング!地元民がおすすめする市区町村は?

「移住するならどこに住みたい?」。引っ越し業者が実施したアンケートによる、移住してみたい道府県ランキングを紹介します。住みたい理由や、地元道府県民が選ぶおすすめの市区町村と合わせて読み解いていくと、移住先選びに役立つ情報が見えてきました!

移住して住みたい都道府県は?住みたい理由とおすすめ市区町村を紹介

移住して住みたい都道府県は?住みたい理由とおすすめ市区町村を紹介

地方移住が注目されている昨今ですが、関心度合いは人それぞれです。引越し業者「引越し侍」が利用者に行ったアンケートでは、地方への移住について、「興味がある」「今回の引越しで移住する」といった前向きな回答は合わせて3割弱という結果でした。

同調査で、東京都を除く都道府県のうち「移住するとしたら」どこがよいか、選ばれた人気の移住先をその理由とあわせて見てみましょう。さらに、ランキング上位の都道府県について、地元民が選ぶおすすめの市区町村を紹介します。

地元ならではの目線は、憧れやイメージだけではない移住先選びのヒントになるのではないでしょうか。

外部リンク:エイチーム引越し侍アンケート調査

移住したい都道府県ランキング!住みたい理由は?

移住したい都道府県ランキング!住みたい理由は?

上で紹介したエイチーム引越し侍アンケート調査データから、東京都をのぞく46都道府県のうち「移住するとしたらどこに住みたいか」、「住んでみたい移住先を選んだ理由」をランキング形式でまとめました。

この調査の特徴は、現時点で地方移住に関心がない人が回答者の約7割を占めるという点です。移住志向の低い人と高い人では、回答の傾向に違いはあるのでしょうか。

比較対象として、地方移住を支援するふるさと回帰センターが相談者を対象に行った移住希望地ランキングと並べてみると、上位の顔ぶれが異なりました。具体的な行動を起こしている人との調査結果の違いは、住んでみたい移住先を選んだ理由からも窺えそうです。

移住したい都道府県ランキング

順位都道府県(ふるさと回帰センターベスト20)
1沖縄県長野県
2北海道広島県
3神奈川県静岡県
4福岡県北海道
5大阪府山梨県
6京都府福岡県
7千葉県新潟県
8長野県佐賀県
9埼玉県高知県
10兵庫県愛媛県
11静岡県大分県
12愛知県福島県
13宮城県和歌山県
14石川県香川県
15鹿児島県群馬県
16広島県山口県
17熊本県宮城県
18新潟県富山県
19山梨県宮崎県
20茨城県山形県
21栃木県
22福島県
23奈良県
24秋田県
25滋賀県
26愛媛県
27岩手県
28岐阜県
29和歌山県
30宮崎県
31島根県
32長崎県
33大分県
34岡山県
35高知県
36香川県
37富山県
38群馬県
39青森県
40山形県
41福井県
42鳥取県
43山口県
44三重県
45徳島県
46佐賀県

1位は沖縄県・2位は北海道と、首都圏から地理的に遠く離れ観光先としても人気の2箇所がトップに入りました。3位はうって変わって、東京隣県の神奈川県がランクインしています。

ふるさと回帰支援センターの調査で人気1位の長野県は8位、同2位の広島県は本アンケートでは11位と、違いが見えています。この違いは、移住に向けて具体的に動いている人ほど、住む場所としての魅力や利便性を見据えて移住先を考えていることの表れと考えられます。

例えば本アンケートで1位の沖縄県は、ふるさと回帰支援センターの結果ではトップ20の圏外でした。観光地としてはとても魅力的でも、定住を真剣に考えるには尻込みしてしまう要素があるのかもしれません。

関連記事:地方移住で人気の都道府県はどこ?

移住したい都道府県!トップの5都道府県に住みたい理由は?

理由 1位理由 2位理由 3位
1位沖縄県自然が豊かでのびのびと暮らせそうだから海が近くマリンレジャーなどが楽しめそう観光地などが多く楽しそうだから
2位北海道自然が豊かでのびのびと暮らせそうだから特産品が多く食べ物がおいしそうだからその他
3位神奈川県都市部に近く不便がなさそうだから海が近くマリンレジャーなどが楽しめそうその他
4位福岡県都市部に近く不便がなさそうだから特産品が多く食べ物がおいしそうだから観光地などが多く楽しそうだから
5位大阪府都市部に近く不便がなさそうだから特産品が多く食べ物がおいしそうだから自分や家族の実家・地元だから

人気の都道府県が選ばれた理由はどのようなものでしょうか。上の表は、トップ5に入った都道府県について、多く挙げられた理由をまとめたものです。

1位沖縄県・2位北海道の理由1位はともに「自然が豊かでのびのびと暮らせそうだから」というものでした。沖縄県・3位神奈川県について「海が近くマリンレジャーが楽しめそうだから」という理由がともに2位であることからも、自然への憧れが見てとれます。

一方、3位~5位の府県全てで「都市部に近く不便がなさそうだから」という理由が1位にきており、利便性も見逃せない要素となっています。2位北海道・4位福岡県・5位大阪府では「特産品が多く食べ物がおいしそうだから」と、地元グルメの知名度の高さも人気の理由です。

移住したい都道府県!人気の理由は?

順位選んだ理由
1自然が豊かでのびのびと暮らせそうだから
2都市部に近く不便がなさそうだから
3観光地などが多く楽しそうだから
4特産品が多く食べ物がおいしそうだから
5自分や家族の実家・地元だから

続いて、選んだ都道府県を問わず、移住先を選んだ理由の上位をまとめました。1位は「自然が豊かでのびのびと暮らせそうだから」、2位は「都市部に近く不便がなさそうだから」と、相反するように見える2つがトップに来ています。

地方移住でのびのびとした暮らしに憧れる反面、都市部の便利な生活は手放したくないという本音が窺えます。3位「観光地などが多く楽しそうだから」という観光視点での回答が目立つ結果となったのは、移住志向が低い人を多く含むためと考えられます。

4位「特産品が多く食べ物がおいしそうだから」との理由も、観光視点での魅力のひとつといえるでしょう。

地元民が選ぶおすすめ市区町村は?

順位都道府県自然豊か特産品が多く食べ物がおいしい観光名所やレジャースポットが多い気候が良い海辺の街
1沖縄県国頭郡国頭村那覇市中頭郡北谷町宮古島市
2北海道富良野市函館市小樽市小樽市
3神奈川県足柄下郡箱根町小田原市鎌倉市茅ヶ崎市
4福岡県糸島市糸島市糸島市糸島市
5大阪府河内長野市大阪市中央区大阪市北区泉佐野市
6京都府京丹後市京都市中京区京都市中京区舞鶴市
7千葉県館山市銚子市浦安市鴨川市
8長野県安曇野市安曇野市松本市諏訪市
9埼玉県秩父市川越市川越市秩父市
10兵庫県丹波篠山市明石市神戸市中央区明石市

最後に、人気が高い都道府県について、地元民の評価が高い市区町村を見てみましょう。

その都道府県出身者に、「自然豊か」「特産品が多く食べ物がおいしい」「観光名所やレジャースポットが多い」「気候が良い海辺の街」という観点で該当する市区町村を選んでもらったものです。地元民ならではのリアルな評価や、メジャーな街以外の魅力が窺い知れ、移住先選びにも参考にできそうです。

例えば、移住先人気2位の北海道はどこも食べ物の美味しさはお墨付きですが、中でも北海道出身者が最も多く選んだのは、レトロモダンな港町、函館市でした。

また、海辺の街を多く有する神奈川県では、地元民から見ると茅ヶ崎市がその代表格のようです。特徴的なのは福岡県で、糸島市が全ての観点で1位に選ばれています。近年県内外からの移住者が増えている人気の街で、地元の人に高く評価されていることがわかります。

まとめ

地元の人たちに聞いたおすすめの市区町村に移住しませんか?

移住志向が低い人を多く含むことから、観光目線のイメージや憧れが色濃く出たと思われる今回の調査。ふるさと回帰センターの利用者への調査結果との違いは、観光目的と住むのでは選ぶポイントが異なってくることを示唆しています。

地元の人たちに聞いたおすすめの市区町村は、現地目線に立った貴重な情報といえるでしょう。憧れを叶えて土地の魅力を満喫しつつ、快適に暮らす地方移住生活を実現するのに、参考になるのではないでしょうか。

移住支援.comは、地方移住を検討中の方へ移住情報をご提供する移住支援ポータルサイトです。

地方移住を失敗しない移住にできるよう、移住に関する仕事や求人・賃貸や古民家など物件情報、移住先での生活環境や自治体の支援制度など、移住に関する様々な情報で移住を支援します。地方への移住をご検討の方は、移住支援.comにお任せください!

© 2020 ijyu shien.com