移住支援情報ポータルサイト移住支援.com

メニュー

雨や雪が少なく「カラッとさわやか」な都道府県に移住したい!降水量ランキング

更新日: Sep 24, 2020

雨や雪が少なく「カラッとさわやか」な都道府県に移住したい!降水量ランキング

移住するなら、さわやかな気候の土地で暮らしたいですよね。雨や雪が少なく、湿度も低い場所は、どんなに暮らしやすいでしょう。年間降水量や平均湿度の都道府県別ランキングを紹介します。「カラッとさわやか」に暮らせる都道府県はどこなのでしょう?

地中海のように「カラッとさわやかな気候の都道府県は?

地中海のように「カラッとさわやかな気候の都道府県は?

雨は私たちの暮らしに不可欠な恵みをもたらしてくれます。しかし連日続く雨模様や、ジメジメした空気は、気分が滅入ってしまうものです。

温暖湿潤気候の日本ですが、地中海沿岸やアメリカ西海岸のようにカラッとしたさわやかな気候の土地はないのでしょうか。都道府県別の降水量や湿度から、さわやかに暮らすことができそうなエリアを考えてみましょう。

雨と雪が少ないのは?都道府県別ランキング

雨と雪が少ないのは?都道府県別ランキング

まずは、年間に降る雨と雪の量について各都道府県を見ていきましょう。気象庁によるデータに基づき、降水量と降雪量それぞれについて、少ない順に都道府県別ランキングにまとめました。

年間降水量(雨+雪)が少ない都道府県ランキング

順位都道府県年間降水量(㎜)順位都道府県年間降水量(㎜)
1長野県932.725滋賀県1,570.90
2香川県1,082.3026三重県1,581.40
3岡山県1,105.9027福岡県1,612.30
4北海道1,106.5028大分県1,644.60
5山梨県1,135.2029千葉県1,659.80
6山形県1,163.0030山口県1,684.30
7福島県1,166.0031秋田県1,686.20
8兵庫県1,216.2032神奈川県1,688.60
9群馬県1,248.5033島根県1,787.20
10宮城県1,254.1034新潟県1,821.00
11岩手県1,266.0035岐阜県1,827.50
12大阪府1,279.0036長崎県1,857.70
13埼玉県1,286.3037佐賀県1,870.10
14青森県1,300.1038鳥取県1,914.00
15愛媛県1,314.9039熊本県1,985.80
16奈良県1,316.0040沖縄県2,040.80
17和歌山県1,316.9041福井県2,237.60
18茨城県1,353.8042鹿児島県2,265.70
19徳島県1,453.8043富山県2,300.00
20京都府1,491.3044静岡県2,324.90
21栃木県1,493.1045石川県2,398.90
22東京都1,528.8046宮崎県2,508.50
23愛知県1,535.3047高知県2,547.50
24広島県1,537.60

気象庁による降水量データは、雨だけでなく雪やあられなどを水に換算した分も含まれた、雨と雪の総量です。都道府県別ランキングは上のようになりました。

年間降水量がもっとも少ない県は長野県という結果になりました。後述しますが、1位長野県・4位北海道・6位山形県・7位福島県などは、降雪を含んでもなお年間降水量の合計が低いほうであり、雨の少なさが際立っているといえるでしょう。

2位香川県・3位岡山県は、中国山地と四国山地に挟まれ季節風による雨の影響を受けにくいという、瀬戸内式気候の特徴がよく現れています。

一方ランキング下位を見ると、高知県・宮崎県・静岡県といった太平洋沿岸の温暖な地域、石川県・富山県といった日本海沿岸地域が高い降水量を記録しています。

前者は夏期や台風時期の降雨、後者は冬期の降雪が考えられ、季節風による影響が降水量に大きく関係していることがわかります。

関連記事:北海道、東北など雪国に移住すると苦労する?

年間降雪量が少ない都道府県ランキング

順位都道府県年間降雪量(㎝)順位都道府県年間降雪量(㎝)
1沖縄県025愛知県16
2宮崎県026茨城県16
3静岡県027京都府19
4高知県128埼玉県22
5千葉県129群馬県24
6愛媛県230栃木県28
7熊本県231山梨県29
8大分県232岐阜県47
9兵庫県233宮城県71
10和歌山県234島根県89
11岡山県335滋賀県104
12香川県336福島県189
13大阪府337鳥取県214
14山口県438新潟県217
15鹿児島県439長野県263
16長崎県440岩手県272
17徳島県441石川県281
18福岡県442福井県286
19佐賀県643秋田県377
20三重県744富山県383
21奈良県845山形県426
22東京都1146北海道597
23広島県1247青森県669
24神奈川県13

続いては、降雪量が少ない都道府県ランキングです。気象庁が発表する降雪量の統計は、地方気象台で地表に積もった雪の深さを観測したデータをまとめたものです。

従って、同じ量の降雪であっても雪質や気温によって観測値に差が出ることにご注意ください。 結果を見ると、沖縄県・宮崎県を筆頭に、太平洋に面する温暖なエリアが上位に並んでいます。

東日本からも、静岡県が降雪量0cmで3位、千葉県が1cmで5位となりました。下位は北日本の道県、次いで北陸地方の県が並んでいます。上位10県は0~2cm、もっとも多い青森県で600cmと、エリアによる差が大きいことが見てとれます。

年間降雨量が少ない都道府県ランキング

順位都道府県A:年間降水量(mm)B:年間降雪量(mm)参考値(A-B)
1青森県1,300.16,690-5,389.9
2北海道1,106.55,970-4,863.5
3山形県1,1634,260-3,097
4秋田県1,686.23,770-2,083.8
5長野県932.72,630-1,697.3
6富山県2,3003,830-1,530
7岩手県1,2662,720-1,454
8福島県1,1661,890-724
9福井県2,237.62,860-622.4
10石川県2,398.92,810-411.1
11新潟県1,8212,170-349
12鳥取県1,9142,140-226
13滋賀県1,570.91,040530.9
14宮城県1,254.1710544.1
15山梨県1,135.2290845.2
16島根県1,787.2890897.2
17群馬県1,248.52401,008.5
18香川県1,082.3301,052.3
19埼玉県1,286.32201,066.3
20岡山県1,105.9301,075.9
21茨城県1,353.81601,193.8
22兵庫県1,216.2201,196.2
23栃木県1,493.12801,213.1
24奈良県1,316801,236
25大阪府1,279301,249
26愛媛県1,314.9201,294.9
27和歌山県1,316.9201,296.9
28京都府1,491.31901,301.3
29岐阜県1,827.54701,357.5
30愛知県1,535.31601,375.3
31徳島県1,453.8401,413.8
32広島県1,537.61201,417.6
33東京都1,528.81101,418.8
34三重県1,581.4701,511.4
35神奈川県1,688.61301,558.6
36福岡県1,612.3401,572.3
37大分県1,644.6201,624.6
38山口県1,684.3401,644.3
39千葉県1,659.8101,649.8
40佐賀県1,870.1601,810.1
41長崎県1,857.7401,817.7
42熊本県1,985.8201,965.8
43沖縄県2,040.802,040.8
44鹿児島県2,265.7402,225.7
45静岡県2,324.902,324.9
46宮崎県2,508.502,508.5
47高知県2,547.5102,537.5

降水量のうち、雪を含まない純粋な雨の量については、公式なデータが取られていません。ここでは、都道府県別の年間降雨量の多寡を暫定的にイメージするために、「年間降水量から年間降雪量を引いた値」を参考値として少ない順にまとめました。

降水量に含まれる雪は融けた状態の水かさの値であり、対して降雪量は融ける前の積雪の深さであるため、算出した参考値は雨量そのものではありません。

結果、1位青森県、2位北海道など、北日本の道県が上位に来ました。降雪エリアでは年間降水量の総量は多いものの、雨に限っていうと少ない傾向にあることがわかります。

雪が少ない地方の中では、15位山梨県・17位群馬県・18位香川県などが比較的上位に入っており、年間を通じて雨・雪とも多すぎない地域といえるのではないでしょうか。

雨の降る日が少ないのは?雪の降る日が少ないのは?都道府県別ランキング

順位都道府県年間降水日数(日)年間降雪日数(日)
1宮城県9047
2香川県929
3長野県9360
4岡山県959
5福島県9557
6兵庫県967
7山梨県9712
8茨城県9815
9群馬県998
10和歌山県1007
11埼玉県1019
12大分県1028
13徳島県1058
14大阪府1059
15静岡県1071
16千葉県10719
17栃木県10819
18奈良県1098
19広島県10915
20愛媛県11111
21京都府1129
22東京都1136
23岐阜県11314
24愛知県11412
25三重県1157
26神奈川県1167
27佐賀県12111
28宮崎県1223
都道府県平均12226
29滋賀県12421
30岩手県12477
31高知県1256
32長崎県12711
33熊本県12712
34山形県12972
35鹿児島県1325
36山口県13246
37福岡県13417
38沖縄県1450
39北海道152114
40島根県15434
41鳥取県16334
42新潟県16460
43福井県16540
44青森県17095
45富山県17145
46秋田県17190
47石川県17744

次に、日数から降水・降雪の状況を比較してみましょう。降水日数は1日に1mm以上の降水量が観測された日数で、降雪の分も含みます。

一方、雪日数は量や状態にかかわらず雪・みぞれ・吹雪などの現象が観測された日数で、地表に溜まった量が少なければ降水日数にはカウントされない場合があります。上の表が年間降水日数が少ない順に都道府県をランキングした結果です。

1位宮城県・3位長野県・5位福島県は、年間降水日数が少ない上に雪日が1ヶ月をゆうに超えることから、純粋な雨の日は少ないと考えられます。

また、降水量の少なさでは4位だった北海道は、降水日数は39位と全国的に見ても多いほうでした。雪日数が3ヶ月以上にものぼり、降水日数全体を押し上げていることがわかります。

青森県も降水量14位に対し降水日数44位と、北海道と同様の傾向が見えます。逆に静岡県は、降水量44位に対し降水日数15位と降水量のわりに降水日数が少ないほうで、日によってある程度まとまった雨が降るメリハリある天気が窺えます。

最下位の石川県は年間降水日数が177日と、実に1年の半分が雨ということになります。

湿度が低くてカラッとしているのは?都道府県別ランキング

順位都道府県年平均湿度(%)順位都道府県年平均湿度(%)
1山梨県6325山形県71
2群馬県6326岡山県72
3埼玉県6327大分県72
4愛知県6528福井県72
5岐阜県6529富山県72
6大阪府6530長野県73
7兵庫県6531滋賀県73
8広島県6532佐賀県73
9三重県6633福岡県73
10京都府6634茨城県74
11北海道6635岩手県74
12千葉県6736沖縄県74
13和歌山県6837新潟県74
14栃木県6838秋田県74
15宮城県6839鹿児島県75
16静岡県6940熊本県75
17香川県6941長崎県75
18東京都6942鳥取県75
19福島県6943奈良県76
20神奈川県7044青森県76
21愛媛県7045宮崎県77
22石川県7046山口県78
23徳島県7147島根県78
24高知県71都道府県平均71

「カラッと」感の最たる要素、湿度についてはどうでしょうか。年平均湿度を都道府県別にまとめました。 もっとも湿度が低いのは山梨県・群馬県・埼玉県の63%、最も高いのは山口県・島根県の78%という結果になりました。

トップ3は内陸のいわゆる「海なし県」が独占しています。厚生労働省が定める事務所の衛生基準で湿度の上限を60%としていることを考えると、湿度の面では日本国内で「カラッと」した暮らしは難しいのかもしれません。

ただし、不快指数は温度と湿度の組み合わせで算出されるものですから、実際にはそれほどジメジメ感を感じない場合も多いでしょう。

日照時間が長いのは?年間快晴日数は?都道府県別ランキング

順位都道府県年間日照時間(時間)年間快晴日数(日)年間降水日数(日)年間降雪日数(日)
1山梨県2,1882897(7位)12
2愛知県2,16832114(24位)12
3和歌山県2,15517100(10位)7
4三重県2,14434115(25位)7
5岐阜県2,13536113(23位)14
6群馬県2,1294699(9位)8
7大阪府2,12715105(14位)9
8兵庫県2,1151496(6位)7
9静岡県2,09940107(15位)1
10徳島県2,09919105(13位)8
11高知県2,097311256
12埼玉県2,071561019
13茨城県2,062319815
14宮崎県2,051401223
15香川県2,02918929
16長野県2,022169360
17滋賀県2,0132312421
18岡山県1,99625959
19鹿児島県1,946241325
20栃木県1,9363410819
21神奈川県1,935241167
22熊本県1,9322212712
23愛媛県1,9251711111
都道府県平均1,9212112226
24大分県1,913241028
25広島県1,8972010915
26宮城県1,896129047
27奈良県1,887151098
28佐賀県1,8632412111
29千葉県1,8571910719
30京都府1,847121129
31東京都1,842241136
32福岡県1,8321513417
33岩手県1,8241112477
34北海道1,81916152114
35福島県1,818119557
36石川県1,8021117744
37長崎県1,7822012711
38山口県1,7812313246
39沖縄県1,75741450
40新潟県1,7381016460
41福井県1,7331216540
42鳥取県1,713916334
43山形県1,6831112972
44富山県1,6801517145
45秋田県1,674917190
46島根県1,6641415434
47青森県1,6221317095

カラッとした気候を感じるには、日照時間や快晴のお天気も大事です。表は各都道府県を日照時間が多い順にランキングしたものです。快晴日数や降水日数ともあわせて見てみましょう。

湿度の低さに続き、山梨県が日照時間の長さでも1位になりました。日照時間が上位の県は降水・降雪日数も比較的少なめの傾向があります。例えば日照時間6位の群馬県は降水日数の少なさは9位で、快晴日数と湿度の低さも各2位と、「カラッとさわやか」なイメージに近いといえるのではないでしょうか。

まとめ

湿潤な日本では地中海やアメリカ西海岸なみの「カラッと」した気候は難しいものの、降雨・降雪の少なさや日照時間から、ある程度さわやかな気候を選ぶことはできそうです。降水が少ない瀬戸内海沿岸や、日照時間が長く湿度も比較的低い山梨・群馬県などから検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事:地方移住で人気の都道府県はどこ?

移住支援.comは、地方移住を検討中の方へ移住情報をご提供する移住支援ポータルサイトです。

地方移住を失敗しない移住にできるよう、移住に関する仕事や求人・賃貸や古民家など物件情報、移住先での生活環境や自治体の支援制度など、移住に関する様々な情報で移住を支援します。地方への移住をご検討の方は、移住支援.comにお任せください!

© 2020 ijyu shien.com