移住支援情報ポータルサイト移住支援.com

メニュー

日本で最も美しい村【中国・四国地方編】!美しい景観や文化が残る村に移住したい!

更新日: Nov 4, 2020

日本で最も美しい村【中国・四国地方編】!美しい景観や文化が残る村に移住したい!

美しい景観や文化が残る地域へ移住したい人は、「日本で最も美しい村」連合が認定する「日本で美しい村」に注目しては。「日本で美しい村」とは、素晴らしい地域資源を持つ地域が、自らの手で美しい地域づくりを行い、地域活性化と自立を目指す運動。中国・四国地方7地域を紹介します。

中国・四国地方で景観と文化を残す「日本で美しい村」へ移住しよう!

NPO法人「日本で最も美しい村」連合とは、失ったら二度と取り戻せない日本の農村漁村の景観・文化を守りつつ、最も美しい村としての自立を支援している団体です。2020年9月現在、厳格な審査基準で認定する「日本で美しい村」が全国に63地域あります。

「日本で最も美しい村」を宣言することで、日本の農山漁村の素晴らしい地域資源を持つ地域が、誇りを持ち、将来にわたって美しい地域づくりを行い、地域活性化と自立を住民自らの手で推進することを目指す運動を行っています。フランスを中心に、イタリアやベルギーのワロン地域などが参加する世界連合会もあり、近年、各地域を支援する動きが世界的にみられています。

移住先として、美しい景観や文化が残る地域を探している人へ、「日本で最も美しい村」を宣言している中国・四国地方の7地域をご紹介します。

外部リンク:「日本で最も美しい村」連合

日本で最も美しい村1:岡山県真庭郡新庄村(まにわぐんしんじょうむら)

地図こちら
人口912人 (2020年7月31日)
自治体HP新庄村HP
移住支援サイトこちら

新庄村は岡山県の西北端に位置する人口約1000人、380世帯の美しい小さな村です。明治5年以降一度も合併することなく、小さな村で努力し続けたからこそ、現代人が忘れかけている日本のふる里が残っています。

水源の森百選(毛無山ブナ林)、かおり風景100選(毛無山ブナとカタクリの花)、残したい日本の音100選(新庄村の小川)の、日本で三つの百選にも選ばれた「三百選の里」です。四季の移ろいが美しく、なかでも、がいせん桜が咲き誇る桜並木は、新庄村を代表する素晴らしい景色です。

岡山県真庭郡新庄村

新庄村の平均気温は11度と低く、降雪期は12月~3月までと長いうえに積雪量も多いですが、雪景色も美しく、風情を感じることができます。素朴で小さい村なので、大がかりな移住支援などはありませんが、希望者にはお試し住宅の提供などを行っているので、移住を検討している人は村役場へ問い合わせて相談してみましょう。

季節の移り変わりを肌で感じることができ、年間を通して楽しめる魅力がぎゅっと詰まっている新庄村に、是非一度足を運んでみてください。

日本で最も美しい村2:島根県隠岐郡海士町(おきぐんあまちょう)

地図こちら
人口2,237人(推計人口 2020年6月1日)
自治体HP海士町HP
移住支援サイトこちら

島根半島から沖合約60km、日本海に浮かぶ隠岐諸島の一つである「中ノ島」を「海士町」といいます。対馬暖流の影響を受ける豊かな海と、日本の名水百選にも選ばれた天川の水をはじめとする豊富な湧水に恵まれ、自給自足のできる半農半漁の島です。

島根県隠岐郡海士町

中ノ島は周囲89.1㎞の1島1町の小さな島で、本土からの交通は高速船かフェリーで約2~3時間。ショッピングモールはもちろん、コンビニエンスストアすらないので、都会の生活に慣れてしまっていると、正直不便な離島だと思わざるをえません。しかし、人口約2400人のうち、島外から移住してきた人は1割に及び、その多くが20代から40代の働き盛りの若者世代です。

隠岐諸島 中ノ島

少子化で統廃合寸前だった高校にも、全国から生徒が入学し、2012年度から学級増となっています。町は移住希望者へ直接的なお金の支援はしていませんが、この海士町で新しい仕事作りに励む若者たちが、島民と良い化学反応を起こして、島が活性化しています。

島民同士の繋がりを大切にし、無駄なものを求めず、シンプルでも満ち足りた生活を営むことこそが真の幸せだと感じることができるのが、海士町の最大の魅力です。

日本で最も美しい村3:鳥取県八頭郡智頭町(やずぐんちづちょう)

地図こちら
人口6,470人(推計人口 2020年6月1日)
自治体HP智頭町HP
移住支援サイトこちら

「現代の疎開のまち」と呼ばれ、都会であれ田舎であれ、日々時間に追われ息が詰まるような生活をしている人たちが、ゆったりと深呼吸でき、エスケープできる場所が智頭町です。鳥取県の東南に位置し、西と南は岡山県に隣接しています。

鳥取県八頭郡智頭町

智頭町の総面積の割以上が森林で、見渡す限り一面の緑が町民や訪れる人の心を癒しています。かつて鳥取県内最大の宿場町として栄えたことから、その名残りを止める史跡や道標など、往事を偲ばせる町並みが残っており、どこか懐かしさを感じる景観が、智頭町の貴重な財産です。

鳥取県八頭郡智頭町

お試し体験住宅や、無料の就農相談会などもあるので、自然の中でのスローライフを求めている人は、智頭町役場に相談してみてくだい。土地購入費の補助や住宅改修費の補助など、移住・定住支援制度もありますよ。

日本で最も美しい村4:愛媛県越智郡上島町(おちぐんかみじまちょう)

地図こちら
人口6,360人(推計人口 2020年6月1日)
自治体HP上島町HP
移住支援サイトこちら

上島町は、神戸市と下関市を結ぶ瀬戸内海のほぼ中央に位置し、愛媛県の北東部、広島県境に浮かぶ7つの有人島と18の無人島、合計25の離島からなる、瀬戸内海に浮かぶ町です。上島町の島々には古くから先人達が植え継いできた桜が数多くあり、なかでも岩城島の積善山の3000本の桜は町の宝で、天女が羽衣を広げたような光景が島を代表する景観です。

愛媛県越智郡上島町

積善山展望台からは360度の瀬戸内海の島々が織りなす大パノラマが眺望でき、日本で最も多くの島が見えるこの絶景が島人の誇りです。島々に信号はなく、ゆったりとした時間が流れているので、田舎暮らしのスローライフに憧れている人は是非一度上島町を訪れてみてください。

空き家バンクを利用して移住した場合の住宅改修費の補助や、就農目的者へのサポート等、移住・定住支援も行っているので、気になった人は上島町役場に問い合わせてみてください。

日本で最も美しい村5:高知県長岡郡本山町(もとやまちょう)

地図こちら
人口3‚452人 (2020年6月30日)
自治体HP本山町HP
移住支援サイトこちら

四国山脈の中央部に位置する本山町は、高知市までは車で40分程の距離にあります。吉野川が大きく蛇行しながら流れており、その両岸に集落が点在しています。

新緑や清流を利用したアウトドアスポーツ、紅葉や雪景色など、四季の移ろいを目と肌で感じることができる自然豊かな美しい山里で、まさに日本の原風景といえるでしょう。

高知県長岡郡本山町

本山町には2010年、2016年に「お米日本一コンテストinしずおか」で2度最優秀賞を受賞したブランド米『土佐天空の郷』があります。その生産地である棚田は、未来に残したい本山町の景観として観光拠点にもなっており、田んぼアートなども通して棚田の保全や地域活性化につなげています。

移住を検討している人は、移住・交流コンシェルジュに相談することをおすすめします。支援情報の提供や不安解消のサポートなど、親身になって応えてくれるだけでなく、移住後のフォローもバッチリで安心です。

日本で最も美しい村6:高知県安芸郡馬路村(あきぐんうまじむら)

地図こちら
人口737人 (2020年1月1日)
自治体HP馬路村HP
移住支援サイトこちら

馬路村は高知県の山奥にある人口800人程の小さな村で、ゆずの生産が盛んです。ゆずの香りが村いっぱいに広がる収穫時期には、緑と黄色のコントラストが大変美しく、毎年「ゆずはじまる祭」が開催されることもあり、県内外からたくさんの人が訪れます。

高知県安芸郡馬路村

また、古来より杉の産地としても知られており、魚梁瀬の千本杉は美林として有名で、高知県の県木となっています。村内に国道、鉄道、信号、高校、コンビニ、スーパーはなく、高知市まで車で2時間弱と、都会で暮らしてきた人にとっては決して便利とはいえません。しかし、ゆったりとした居心地の良さと、山と川に囲まれていることで一年中美しい空気が流れ、夜は満天の星を眺めることができる大自然が、馬路村で暮らす醍醐味です。

高知県安芸郡馬路村

第一子から保育料無料(もちろん待機児童なし)や、18歳以下医療費無料、奨学金の無利子貸し出し等、子育てサポートも充実しており、豊かな自然の中でのびのび子育てできます。四季折々のイベントもあり、子育て世帯も移住しやすい村です。

日本で最も美しい村7:徳島県勝浦郡上勝町(かみかつちょう)

地図こちら
人口1,345人(推計人口 2020年8月1日)
自治体HP上勝町HP
移住支援サイトこちら

大部分が標高700m以上の山地に覆われ、急な斜面に棚田や段々畑の風景を残す上勝町は、徳島県のちょうど真ん中あたり、徳島市内から車で約1時間程の距離にあります。人口が1500人にも満たず、かつ高齢化率約50%と過疎化が進む四国一小さい町ながら、世界中から年間でおよそ2600人の視察者が訪れます。

徳島県勝浦郡上勝町

料亭などの料理に添えられる「つまもの」の販売を通して、「葉っぱビジネスの町」としてたびたびテレビでも紹介されたことで、上勝町の名を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

町内に小売店はありますが、スーパーやコンビニはありません。しかしながら光ファイバー網が全域に敷設されており、若い世代も不自由さを感じずに過ごすことがきます。

町をあげて「上勝パラダイス宣言」をしているだけあって、居心地が良く、選択肢をまるごと与えてくれるような住みやすい町です。移住希望者には、お試し暮らし体験や農業研修なども行っていますので、興味のある人は上勝町役場の移住交流支援センターに問い合わせてみてください。

移住支援.comは、地方移住を検討中の方へ移住情報をご提供する移住支援ポータルサイトです。

地方移住を失敗しない移住にできるよう、移住に関する仕事や求人・賃貸や古民家など物件情報、移住先での生活環境や自治体の支援制度など、移住に関する様々な情報で移住を支援します。地方への移住をご検討の方は、移住支援.comにお任せください!

© 2020 ijyu shien.com