メニュー

地方移住での田舎暮らしと地方都市暮らしのメリット、デメリット!【田舎暮らしの知識】

2020年5月16日

地方移住に興味があるけれど、田舎暮らしが不安…そんな人は地方都市に移住してみてはいかがでしょう? 地方での田舎暮らしと都会暮らし、それぞれのメリット・デメリットをまとめてみました。

地方移住で田舎暮らしを選ぶのはどう?人間関係はやっぱり大変?

地方移住は自然豊かな田舎での生活のイメージが強いですが、自然の多い田舎への移住だけが地方移住ではありません。自然がほどよくあり利便性の高い地方都市への移住を選択する人もいます。

ずっと都心部で暮らしてきた人がいきなり田舎暮らしを始めると、環境の大きな変化や生活面での不便さを感じてストレスになることもあるでしょう。田舎暮らしの場合都会での生活に比べると人間関係も密になる傾向があるので、最初は戸惑いを感じてしまう人も少なくないのが現実です。

地方移住で田舎暮らしが人気な理由は?メリット、デメリットは?

都会での生活から離れてのんびり暮らすために、地方への移住が注目されています。都会から田舎に引っ越すのはのんびりとした暮らしなど、いいイメージしかありませんが、田舎暮らしにもメリットとデメリットがあります。こちらでメリットとデメリットを紹介しますので、地方移住を考える参考にしてください。

地方移住での田舎暮らしのメリット

田舎暮らしはのんびりと生活することができるだけでなく、その他にもさまざまなメリットがあります。どのぐらいの田舎かによってライフスタイルも異なってくるでしょう。それでは地方移住での田舎暮らしのメリットを詳しく見ていきましょう。

田舎暮らしのメリット1:自然に囲まれた生活ができる

田舎暮らしといえば自然に囲まれた生活というイメージが強いですよね。都会で生活をしている人は特に、田舎の自然で過ごすことの良さを実感することができるでしょう。都会ではあまり見ることができない綺麗な星空も見ることができて、心が癒されます。

田舎は交通量も少ないため排気ガスによる空気の汚染も少なく、美味しい空気を吸うことができ、健康的にもいいです。体調が悪くなり療養をすることを目的としたり、子供を自然豊かな環境でのびのびと育てたいという思いから田舎への移住を選択するケースもあります。

田舎暮らしのメリット2:家賃など生活費が安い

田舎は家賃や物価が都会に比べると安いため、生活にかかるお金も抑えることができます。自給自足をしている人もいて、新鮮な野菜を安く買うことも可能でしょう。人付き合いも密なので近所から食べ物をもらうこともあるでしょう。

生活費が安く済むので貯金をしたり、自分の好きなことにお金を使って生活を充実させることもできるかもしれません。田舎は家賃だけでなく土地代も安いため、マイホームを手に入れるという夢を田舎で叶えるのもいいでしょう。

田舎暮らしのメリット3:治安がいい

のどかな暮らしができる田舎は都会に比べると人が少なく治安が良いので、安心して生活をすることができます。都会で子育て中の世帯では子供が事件や危ないことに巻き込まれるのではないかと心配を抱える人も多いでしょう。その点で田舎暮らしだと道行く人がみんな顔見知りになることもあり、両親から離れているときでも地域の人が子供の様子を見てくれるので安心です。田舎は待機児童が少ないというのも共働き世帯にとっては嬉しいことでしょう。

地方移住での田舎暮らしのデメリット

自然豊かな環境で生活ができて、家賃や生活費が安いというメリットがある田舎暮らし。そんな田舎暮らしに魅力を感じる人は多く、田舎への地方移住は人気があります。しかし、田舎暮らしはメリットばかりではありません。長く都会暮らしをしている人は地方移住に失敗しないためにもデメリットを理解しておくと良いでしょう。それでは地方移住での田舎暮らしのデメリットを紹介します。

田舎暮らしのデメリット1:仕事が少ない、給料が高くない仕事が多い

田舎はお店や会社が都会より少ないため、仕事も少ないというデメリットがあります。仕事があっても給料が高くないことが多く、やりたい仕事を探すのが難しいケースもあるでしょう。

しかし、都会で働いた経験は地方でも活かせて、地域に根付いた仕事での活躍も期待できるでしょう。都会で積んだ経験やスキルで地方で起業する人もいます。自然に囲まれた環境で仕事ができれば、都会ならではの通勤ラッシュないのでストレスもありません。

田舎暮らしのデメリット2:公共交通機関が整っておらず、車が必須

田舎は公共交通機関が整っていないところも多く、生活をする上で車が必須となる可能性があります。都会は公共交通機関が充実しているため車を使わない人も多いですが、田舎だと駅までの距離が遠かったり、電車やバスの本数が1時間に1本しかないということもあり、移動に困ることも出てくるでしょう。買い物をしたり仕事へ行くのにも車がないと不便に感じるため、免許がない人は移住をする前に免許を取得しておくといいですよ。

田舎暮らしのデメリット3:人間関係が大変

田舎暮らしは人が少ないことから地域の付き合いが濃く、人間関係が大変になることがあります。都会での生活に慣れていると、田舎の近所同士の付き合いや地域の集まりがしんどいと感じることが出てくるかもしれません。

人同士の距離が近く、暖かさを感じることもできますが、うまく人間関係を築くことができないとかえってストレスになってしまうこともあるでしょう。一方で、人との距離が近いということから、困ったことがあったら手を差し伸べてくれることもあり、田舎暮らしでの人間関係は大変なことばかりではないとも言えます。

田舎暮らしのデメリット4:お店や学校、病院が少ない、遠い

自然に囲まれた田舎暮らしはお店や病院が少なく生活面で大変に感じることがあるでしょう。都会だと24時間営業しているコンビニや夜遅くまで開いているスーパーもあり、買い物をするのに困ることは少ないです。

田舎はお店も少なく営業時間も短いということもあるため、その点は都会に比べると不便と言えます。病院が少ないというのも子供や高齢者がいる家庭では心配になりますよね。さらに、学校までの距離が遠いと、子供の通学が大変になるので事前に学校までの距離を確かめておくと安心です。

地方都市への移住も人気!

田舎暮らしというイメージが強い地方移住ですが、地方都市への移住も注目されています。地方都市は利便性が高いので田舎に比べて生活がしやすく、のんびりとした生活ができるので人気が高いです。都会での社会生活のストレスから解放されたいという人や自然に囲まれる生活に憧れはあるけれど、田舎暮らしの人間関係や生活環境の変化に馴染めるかどうか不安だという人は地方都市への移住を考えてみると良いでしょう。

地方移住で都市部が人気な理由とは?メリット、デメリットは?

地方移住では田舎だけでなく、地方の都市部への移住も人気があり、都会から少し離れた環境で生活することを選択する人も少なくありません。都会暮らしとのギャップが少ない都市部への移住にはどのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。

地方移住での都会暮らしのメリット

地方移住に興味はあるけれど田舎と都会とのギャップに不安を感じるという方は、地方都市への移住に注目してみてください。それでは地方都市への移住のメリットを見ていきましょう。

地方都市に移住するメリット1:自分も家族も新しい環境に馴染みやすい

地方移住は自分の生活環境が大きく変化することから、新しい環境に馴染むまでに時間がかかることがあります。地方移住でも都市部への移住であれば、買い物や公共交通機関などで不便に感じることも少なく、新しい環境に馴染みやすいでしょう。これまでの生活環境に近い方が自分も家族も不安に思うことが少くなり、安心して新しい生活を送ることができます。

地方都市に移住するメリット2:給料のいい仕事を見つけやすい

田舎暮らしは仕事が少なく、給料も都会での仕事と比べると安くなる可能性が高いです。しかし、都市部であれば給料のいい仕事を見つけやすく、金銭的な面でも安心して生活をすることができるでしょう。仕事の数が多いということは、職業の選択肢も増えることになります。

地方都市に移住するメリット3:生活環境(買い物、子育て、医療など)がいい

都市部への移住は生活環境で不便に感じることが少なく、都会での生活との大きな差がないので安心して暮らすことができます。田舎暮らしだと近くにお店がないこともあるため、買い物をするのに車が必須になることもありますが、都市部だと買い物に不便さを感じることは少なくなるでしょう。

また、田舎には少ない、大きな病院がある、行きやすいのも助かります。ほどよく自然がある都市部であれば、穏やかだけれど不便さのない場所でのびのびと子育てをすることができるので、子育て世帯にとっても充実した生活ができる環境と言えるでしょう。

地方都市に移住するメリット4:東京など大都市への移動手段が充実している

地方の都市部であれば東京などの大都市への移動手段が充実していることが多く、大都市への買い物や家族でのお出かけもスムーズになります。電車やバスの本数も田舎に比べると多いので、不便さを感じることは少ないでしょう。職場が大都市でも家から電車で1本のところだと、通勤も楽にできます。さらに、空港や新幹線の駅が近いと帰省のときの移動が楽になり便利です。

地方移住での都会暮らしのデメリット

都会への地方移住は生活環境を大きく変えることなく移住生活を送ることができるのでおすすめです。子育て世帯にも人気のある地方移住ですが、田舎への移住に比べると少し期待外れに感じてしまうこともあります。それでは地方移住での都会暮らしのデメリットを見ていきましょう。

地方都市に移住するデメリット1:地方移住した感が薄い

地方移住は自分の生活環境を変えたいという気持ちから決断をする人も多いです。しかし、都市部への移住の場合は環境に大きな変化がないことから、地方移住をしたという感じが薄くなってしまいます。田舎ならではの暮らしを楽しむことができないと感じる人もいるため、地方移住をする際は移住後にどのような生活を送るかを考えて移住先を決断するようにしましょう。

地方都市に移住するデメリット2:自然が少ない、空気や水が期待したほど綺麗ではない

都会で生活をしていると自然豊かな環境に魅力を感じることもありますよね。地方都市であっても住んでいる人や交通量が多い都市だと、自然が少なかったり空気が想像していたほど綺麗ではないということもあるでしょう。田舎へ移住した人の中には水の美味しさに感動したということもありますが、都市部への移住では期待したほどの実感を得ることは難しいかもしれません。

地方都市に移住するデメリット3:人間関係が希薄

都市部への移住は田舎ほどの付き合いはなく、都会と同様に人間関係が希薄です。町内会の集まりなどを積極的行わない場所もあり、知らない人が多い都市への移住で孤独を感じてしまわないように気をつける必要があります。

まとめ

地方移住は田舎暮らしというイメージがありますが、都会に近く生活面で便利な地方都市への移住も人気です。田舎暮らしと都会暮らし、それぞれメリットとデメリットがあるため、地方移住を考えるときは移住後の自分の生活を考えながら移住先を選択してくださいね。

移住支援.comは、地方移住を検討中の方へ移住情報をご提供する移住支援ポータルサイトです。

地方移住を失敗しない移住にできるよう、移住に関する仕事や求人・賃貸や古民家など物件情報、移住先での生活環境や自治体の支援制度など、移住に関する様々な情報で移住を支援します。地方への移住をご検討の方は、移住支援.comにお任せください!

© 2020 ijyu shien.com