移住支援情報ポータルサイト移住支援.com

メニュー

新幹線通勤でのんびり田舎暮らし【東京駅まで新幹線で2時間以内の移住先】

更新日: Jul 8, 2020

新幹線通勤でのんびり田舎暮らし【東京駅まで新幹線で2時間以内の移住先】

新幹線の停車駅は、東京へアクセスしやすく、東京での仕事を変えずに移住することも可能です。2拠点生活(デュアルライフ)の移住先としても注目されている、東京駅まで新幹線で2時間以内の地方移住におすすめな自治体をご紹介します。

目次

  1. 東京へ新幹線通勤する人が増加中!新幹線で2時間以内の自治体を紹介
  2. 新幹線通勤をしながら地方移住するのがおすすめな人とは?
    1. 都心での仕事を変えたくない人、リモートワークが可能な人
    2. 2拠点生活(デュアルライフ)をしてみたい人
    3. ゆっくり子育てしたい人
    4. 豊かな自然に囲まれたい人
  3. 新幹線で2時間以内の移住先1:栃木県那須塩原市(那須塩原駅)
    1. 那須塩原市の地方移住支援制度
    2. 新幹線定期券購入補助事業
    3. 那須塩原市の子育て支援制度
  4. 新幹線で2時間のおすすめ移住先2:福島県白河市(新白河駅)
    1. 白河市の地方移住支援制度
    2. 白河市の子育て支援制度
  5. 新幹線で2時間のおすすめ移住先3:長野県北佐久郡軽井沢町(軽井沢駅)
    1. 軽井沢町の子育て支援制度
  6. 新幹線で2時間のおすすめ移住先4:長野県長野市(長野駅)
    1. 長野市の移住支援制度
    2. 長野市の子育て支援制度
  7. 新幹線で2時間のおすすめ移住先5:新潟県南魚沼郡湯沢町(越後湯沢駅)
    1. 湯沢町の移住支援制度
    2. 湯沢町の新幹線通勤補助金制度
    3. 湯沢町の子育て支援
  8. 新幹線で2時間のおすすめ移住先6:静岡県熱海市(熱海駅)
    1. 熱海市の移住支援制度
    2. 熱海市の子育て支援
  9. 新幹線で2時間のおすすめ移住先7:静岡県三島市(三島駅)
    1. 三島市の移住支援制度
    2. 三島市の子育て支援制度
  10. 新幹線で2時間のおすすめ移住先8:静岡県静岡市(静岡駅)
    1. 静岡市の移住支援制度
    2. 静岡市子ども・子育て支援プラン
  11. まとめ

東京へ新幹線通勤する人が増加中!新幹線で2時間以内の自治体を紹介

東京へ新幹線通勤する人が増加中!新幹線で2時間以内の自治体を紹介

近年では働き方が多様化し、新幹線通勤をする人が増加傾向です。移住促進のために新幹線通勤定期券の購入費の補助をする自治体もあり、企業側も働き方改革で柔軟な働き方を後押ししています。 地方移住では新幹線通勤が選択肢に入ると、今の仕事を続けながら自然に囲まれた環境でゆっくりとした生活を送ることが可能です。

そこで、今回は東京まで新幹線で2時間以内で移動ができる新幹線通勤が可能な8つの自治体を紹介します。平日と休日で生活の拠点を分ける「2拠点生活(デュアルライフ)」の移住先としてもおすすめなので是非参考にしてください。

新幹線通勤をしながら地方移住するのがおすすめな人とは?

新幹線通勤をしながら地方移住するのがおすすめな人とは?

地方移住を考える際に移住後の仕事に不安を感じる人もいます。新幹線通勤ができるところに移住をすると、今の仕事を変えることなく地方移住が可能です。都心から離れた場所で家賃や住宅購入の価格を抑えられると、のんびりしながら今の仕事をキープできますね。新幹線のある地方へ移住するのがおすすめな人はどんな人でしょうか。

都心での仕事を変えたくない人、リモートワークが可能な人

都心での仕事を変えたくない人、リモートワークが可能な人

地方移住に興味があっても移住後の仕事をどうするか迷ってしまいますよね。安定した仕事をしているのであれば、仕事を変えたくないと思うこともあるでしょう。地方移住をした人の中には都心通勤をしている人も多く、通勤手段に新幹線を利用している人もいます。またリモートワークをしている人も、新幹線通勤が可能な地方であれば、たまに出社するのに抵抗がないのでおすすめです。

2拠点生活(デュアルライフ)をしてみたい人

2拠点生活(デュアルライフ)をしてみたい人

地方移住の形として平日は都心、休日は地方でのんびりといった二つの地域に移住地点を設ける「2拠点生活(デュアルライフ、二地域移住)」が注目されています。

国土交通省の推計では2拠点生活人口は2020年ごろには約680万人、2030年ごろには約1080万人になると推測されており、2拠点生活は将来的に地方で生活をしたいと考える人の選択肢の1つになってきました。

地方で生活をしたいけれど仕事は変えたくない人は、2拠点生活や新幹線通勤を視野に入れて移住について考えてみると良いでしょう。

ゆっくり子育てしたい人

ゆっくり子育てしたい人

移住促進をしている自治体は子育て支援に力を入れています。地方の自然に囲まれた環境で子供を育てるのに憧れがあっても、子育て世帯であれば経済面を考えて仕事を変えたくないと思う人もいるでしょう。

新幹線のある地方に移住ができれば仕事を変えずに都心への通勤が可能になり、経済面の不安の問題が解決します。子供の医療費の補助など子育て世帯へのサポートが強い自治体に注目しながら移住先を検討するといいですよ。

豊かな自然に囲まれたい人

豊かな自然に囲まれたい人

新幹線停車駅の周辺は繁華街ですが、地方では足を延ばせばすぐに大自然が待っています。街に住みながら豊かな自然に囲まれたい人は、新幹線のある地方への移住がおすすめです。仕事とプライベートのオンオフの切り替えができ、週末スロー生活ができますよ。

新幹線で2時間以内の移住先1:栃木県那須塩原市(那須塩原駅)

地図こちら
人口115,862人(2020年5月1日)
都心への電車アクセス那須塩原駅から東京駅まで約70分(東北新幹線)
最寄りの高速出口東北自動車道 西那須野塩原IC
自治体HPこちら

東京から近く、街と自然が程よいバランスのある地域が栃木県です。栃木県宇都宮市から東京までは新幹線で約50分で、都心部へのアクセスは良好です。都心へ2時間以内の栃木県内のおすすめ移住先を紹介します。

栃木県那須塩原市。那須塩原駅から東京駅までは東北新幹線で約70分でアクセスができます。那須塩原市には塩原温泉郷や板室温泉といった日本有数の温泉があり、豊富な自然で美しい風景が魅力的です。

那須塩原市の地方移住支援制度

那須塩原市では条件を満たす移住者に対して、最大100万円の移住支援助成金が支給される制度があります。 対象者の条件は

  • 直近5年以上東京23区に在住していた又は直近5年以上東京圏(東京・埼玉・千葉・神奈川※条件不利地域を除く)に在住し、東京23区に通勤していた人
  • 県のマッチングサイトで移住支援金の対象と掲載のある求人に新規就業した人又は栃木県の起業支援金の交付決定を受けた人

となり、申請にあたっては那須塩原市の移住支援助成金相談窓口へ事前の相談が必要です。

那須塩原市移住支援助成金について

新幹線定期券購入補助事業

那須塩原市では市外からの定住促進のために、新幹線通勤定期券の購入費用の一部を補助する制度があります。制度の期間は令和2年4月1日~令和5年3月31日までです。補助金の上限月額は1万円で、新幹線定期券の自己負担額より1万円を差し引いた残額が支給されます。(※1ヵ月の新幹線定期券購入費用-1ヵ月の通勤手当等-自己負担額1万円=補助月額)

新幹線定期券購入補助事業

那須塩原市の子育て支援制度

那須塩原市では3歳未満の子供を持つ家庭に対して子育て応援券を交付。子育て応援券で受けられるサービスは子供を預かるサービスや育児相談、家事援助サービスなどさまざまなものがあります。

新幹線で2時間のおすすめ移住先2:福島県白河市(新白河駅)

地図こちら
人口59390人(2020年4月1日)
都心への電車アクセス新白河駅から東京駅まで1時間19分(東北新幹線)
最寄りの高速出口東北自動車道 白河IC
自治体HPこちら

福島県は東北地方の一番南に位置し山や海、高原などの豊かな自然に恵まれています。福島県は複数の県と隣接しているため、宮城県や茨城県などいろいろな県に行きやすいです。都心へ2時間以内で移動できる、福島県内のおすすめ移住先を紹介します。

まずは福島県白河市です。白河市にある新白河駅から東京駅までは東北新幹線で1時間19分です。新白河駅周辺は大型商業施設が立地しており、日常生活に必要な買い物には困りません。

白河駅周辺も商業施設や医療機関があり、暮らしやすい環境です。新白河駅や白河駅周辺は市街地ではありますが、少し離れた場所には自然豊かな山や川など、穏やかな風景を眺められます。

白河市の地方移住支援制度

白河市では人口減少対策と地方創生の実現のために住宅取得支援事業補助金制度があり、県外移住者や市外移住者で条件を満たした場合に住宅取得にかかる経費が下記の通り支給されます。

  • 県外から市内への移住で60~200万円(福島県の補助金を含む)
  • 市外から市内への移住で30~100万円

その他にもUIJターンを希望する人に向行けて就職活動などにかかる交通費や宿泊経費の一部を上限1万円(2回まで)助成する制度があります。

来て「しらかわ」住宅取得支援事業補助金

白河市の子育て支援制度

白河市では幼稚園、保育施設に通う多子世帯の保育料を補助してくれる制度があります(第2子は半額、第3子以降は無料)。その他にも18歳未満の子供の医療費は無料、中心市街地の賃貸住宅に移住する子育て世帯に家賃の一部を最大3年間補助する制度もあります。(集合住宅1万3,000円/月、一戸建て住宅1万7,000円/月)

新幹線で2時間のおすすめ移住先3:長野県北佐久郡軽井沢町(軽井沢駅)

地図こちら
人口19,189人(推計人口 2020年1月1日)
都心への電車アクセス軽井沢駅から東京駅まで66分(北陸新幹線)
最寄りの高速出口上信越自動車道 碓氷軽井沢IC
自治体HPこちら

長野県は県土が広く地域によって歴史や文化が異なります。緑が多く自然に囲まれた環境で夏はキャンプなどのアウトドア、冬はスキーやスノーボードを楽しめるでしょう。都心へ2時間以内で移動できる、長野県内のおすすめ移住先を紹介します。 長野県北佐久郡軽井沢町。リゾート地としても有名な軽井沢ですが軽井沢駅から東京駅までのアクセスは北陸新幹線で66分のため、新幹線通勤もしやすいでしょう。2拠点生活にもおすすめです。

軽井沢町の子育て支援制度

軽井沢町では多子世帯の経済的負担を軽減する制度として、第3子以降の保育料を月額6,000円を限度に補助をしています。また6歳未満の子供が2人以上いる家庭に、幼児2人同乗用自転車購入費の2分の1以内(上限5万円)を補助する制度もあり、どちらも子育て世帯に嬉しい補助制度です。

新幹線で2時間のおすすめ移住先4:長野県長野市(長野駅)

地図こちら
人口374,653人(2020年5月1日)
都心への電車アクセス長野駅から東京駅まで1時間49分(北陸新幹線)
最寄りの高速出口上信越自動車道 長野IC
自治体HPこちら

自然豊かだけど利便性のある、長野県長野市を紹介します。 長野駅から東京駅までは北陸新幹線で1時間49分でアクセスが可能。長野市は長野県北部にある長野県の県庁所在地で、自然と都市が程よいバランスの地方都市です。市街地から少し足を延ばせば大自然に触れられるため、地方ならではの風景も楽しめます。

長野市の移住支援制度

長野市では田舎暮らし体験施設や移住体験会などの移住支援の制度を通して長野市への移住を促進しています。長野市移住起業支援金制度では県外から長野市内に移住して起業をする50歳未満の人に、起業にかかる費用を支給(上限100万円)。また田舎での生活を希望し、長野市に定住する意思のある移住者が入居できる市営住宅もあります。

長野市の子育て支援制度

長野市は子育て支援制度が豊富。ながの子育て家庭優待パスポート・多子世帯応援プレミアムパスポートは協賛店舗で買い物をすると、割引やサービスが受けられます。また、自宅から小学校までの距離が4km以上の場合はバスや電車の定期券購入費を補助、自転車通学者は2,500~5,000円を補助する制度も有り、子育て世帯には嬉しい制度です。

新幹線で2時間のおすすめ移住先5:新潟県南魚沼郡湯沢町(越後湯沢駅)

地図こちら
人口8,057人(2020年4月30日)
都心への電車アクセス越後湯沢駅から東京駅まで1時間18分(上越新幹線)
最寄りの高速出口関越自動車道 湯沢IC
自治体HPこちら

日本海側北部に位置し、南北に長い地形が新潟県の特徴です。お米やスキーで有名です。都心へ2時間以内で移動できる、新潟県内のおすすめ移住先を紹介します。 新潟県南魚沼郡湯沢町は新潟県の南端にあり、百名山の谷川岳や苗場山などに囲まれた町です。

越後湯沢駅から東京駅までは1時間18分でアクセス可能。冬は雪が降り、多い年では3mを超える雪に覆われることもあります。湯沢町はスキー場や温泉の町として栄えており、冬はもちろん秋には鮮やかな紅葉を見られるなど、1年を通して四季の魅力を感じられる町です。

湯沢町の移住支援制度

湯沢町では条件を満たす移住者に対して、移住支援金を交付する事業があります。支援金は2人以上の世帯に100万円、単身者には60万円です。さらに湯沢町では起業をする人に向けて、必要な経費の一部を補助する起業支援補助金制度もあります。

湯沢町 移住支援金交付事業

湯沢町の新幹線通勤補助金制度

湯沢町では移住定住促進のために新幹線通勤補助金制度があります。湯沢町が定めた条件を満たした場合に、新幹線の通勤定期購入費を補助(月額最大5万円、最長10年間)。勤務先の最寄り駅が上越新幹線の高崎駅、 本庄早稲田駅、熊谷駅、大宮駅、上野駅、東京駅、長岡駅、燕三条駅、新潟駅であるのが条件の1つです。

湯沢町 新幹線通勤補助金制度

湯沢町の子育て支援

湯沢町は公立では全国初の保小中一貫教育を行う湯沢学園があります。施設一体型保小中一貫教育システムで、小1プロブレム・10歳の壁・中1ギャップなどの問題を解消。大自然に囲まれた環境で、子供の学力や豊かな人間性を育む取り組みが行われています。さらに湯沢町のすくすく子育て応援金制度では、新たに誕生した子供1人につき10万円を交付。18歳以下の子供の医療費も全額無料で、子育て支援が手厚い町です。

新幹線で2時間のおすすめ移住先6:静岡県熱海市(熱海駅)

地図こちら
人口36,417人(2020年4月)
都心への電車アクセス熱海駅から東京駅まで45分(東海道新幹線)
最寄りの高速出口小田原厚木道路 石橋IC
自治体HPこちら

中部地方に位置し、富士山が美しく見える静岡県。お茶が名産品として有名です。都心へ2時間以内で移動できる、静岡県内のおすすめ移住先を紹介します。 静岡県熱海市は自然が多いリゾート都市で夏は涼しく冬は暖かいため、1年を通して過ごしやすい気候です。熱海駅から東京駅までは東海道新幹線で45分。熱海市内の中心部には大型商業施設、各所には商店街があるので、日用品の買い物もしやすいでしょう。

熱海市の移住支援制度

熱海市では東京圏から移住し、就職・起業した人を対象に支援金を交付する制度があります。支援金の交付額は2人以上の世帯で100万円、単身の場合は60万円となり、熱海市へ転入後3ヵ月~1年以内に申請が必要です。

熱海市 移住・就業支援金

熱海市の子育て支援

熱海市では子育て支援事業として、熱海市が運営する駐車場の料金が1日1回に限り4時間無料とする無料定期券を交付しています。渚小公園やサンビーチ付近にも市営駐車場があり、家族でのお出かけの際に利用が可能です。

新幹線で2時間のおすすめ移住先7:静岡県三島市(三島駅)

地図こちら
人口107,625人(推計人口 2020年4月1日)
都心への電車アクセス三島駅から東京駅まで53分(東海道新幹線)
最寄りの高速出口新東名自動車道 長泉沼津IC
自治体HPこちら

静岡県東部に位置し市街地から富士山を大きく眺められる、静岡県三島市を紹介します。 静岡県三島市では市内各所から富士山の伏流水が湧き出し、街中を流れています。三島駅から東京駅までは東海道新幹線で53分でアクセスが可能。朝の通勤時間帯には新幹線こだま号の始発が6本出ていて、多くの人が新幹線を利用して通勤をしています。

三島市の移住支援制度

三島市では

  • 東京23区または東京圏から移住し中小企業や法人などに就職した人
  • 静岡県の起業支援を受けて起業をした人

を対象に補助金を交付する移住・就業支援補助金制度があります。補助金額は2人以上の世帯に100万円、単身者には60万円です。その他にも住むなら三島移住サポート事業という制度があり、三島市への移住定住の促進を目的に三島市内に住宅を取得し、転入した若い世帯に最大100万円の補助金を交付しています。

三島市 移住・就業支援補助金

三島市の子育て支援制度

三島市ではお父さんの育児休業取得補助金制度があります。男性従業員が5日以上育児休業を取得する場合、本人と事業主に対してそれぞれ5,000円/日の補助金を支給(上限10万円)。また保育料は国の定める額から約4割軽減し、第2子は半額、第3子は無料となっています。世帯年収や第1子の年齢制限も設けていません。

新幹線で2時間のおすすめ移住先8:静岡県静岡市(静岡駅)

地図こちら
人口696,907人(2020年5月1日)
都心への電車アクセス静岡駅から東京駅まで1時間20分(東海道新幹線)
最寄りの高速出口東名自動車道 静岡IC
自治体HPこちら

最後に静岡県の県庁所在地でありながら、すぐそばに海や山などの自然に触れられる静岡県静岡市を紹介します。 静岡県静岡市は人口70万人の地方都市です。静岡駅から東京駅までは東海道新幹線で1時間20分。海・山・川がそろっていて、市街地から少し足を延ばすと大自然の風景に触れられます。首都圏へのアクセスもしやすく、静岡市から首都圏への通勤や通学も十分可能です。

静岡市の移住支援制度

移住定住の促進と中小企業の人手不足解消を目的とした静岡市移住・就業補助金制度では、東京圏から静岡市に移住して就業または起業した人を対象に最大100万円を支給します。

静岡市移住・就業補助金について

静岡市子ども・子育て支援プラン

静岡市子ども・子育て支援プランとは静岡市の子育て家庭を応援するための計画です。プランの内容は3つのポイントがあり、

  • 保護者の働き方に関わらずに保育を受けられる認定こども園を増やし、待機児童をなくす
  • 放課後児童クラブを増やして利用できない子供をなくし、開所時間の延長や利用者負担の軽減を進める
  • 支援を必要とする子供を学校からさまざまな支援につなげるよう取り組むなど、子供の貧困対策の促進を行う

などの支援プランになっています。静岡市では「静岡市は子どもをたいせつにします」という基本理念のもとに、子供にとって最も良い社会を築くよう取り組んでいます。

まとめ

働き方の多様化や企業の働き方改革の影響で新幹線通勤をしている人が増えました。東京まで新幹線で2時間以内の地方であれば、移住後も現在の仕事をキープすることができます。全国的に見ても地方では移住者に対する支援があり、自治体によって支援制度の内容は違うため、気になる地方の移住支援の内容は詳しくチェックしてみましょう。子育て世帯の場合は移住先の子育て環境や支援が整っているかも調べてみると良いですよ。

移住支援.comは、地方移住を検討中の方へ移住情報をご提供する移住支援ポータルサイトです。

地方移住を失敗しない移住にできるよう、移住に関する仕事や求人・賃貸や古民家など物件情報、移住先での生活環境や自治体の支援制度など、移住に関する様々な情報で移住を支援します。地方への移住をご検討の方は、移住支援.comにお任せください!

© 2020 ijyu shien.com