移住支援情報ポータルサイト移住支援.com

メニュー

地方移住すれば保育園に入りやすい?待機児童の都道府県・市区町村別ランキング

更新日: Aug 27, 2020

地方移住すれば保育園に入りやすい?待機児童の都道府県・市区町村別ランキング

子育て世代にとって、保育園に入れるかは死活問題。待機児童数は、都会より地方のほうが少ないのでしょうか? 実は、地方でも保育園に入りづらい地域があります。待機児童率、隠れ待機児童数と合わせて、都道府県別、市区町村別のランキングを紹介します。

地方のほうが保育園に入りやすいって本当?

地方のほうが保育園に入りやすいって本当?

政府は2013年から2017年度末までの保育園の待機児童解消を目指す「待機児童解消加速化プラン」を推進し、ここ2年は連続で待機児童数は減少しています。

しかし、保育需要の増加に追いつかず、解消には至っていません。そんな中、2019年10月から幼稚園、保育園の費用の一部の補助が受けられる「幼保無償化」がスタートし、子供を保育園入園させたい家庭は増えています。

2019年は保育所などを利用する児童の数は268万人で、前年と比べ6万5千人増加しており、待機児童数は16,772人でした。子育て世帯にとって、保育園に入れるかどうかは生活を左右する重要な問題です。

地方に行けば保育園に入りやすいのかは気になるところ。そこで今回は待機児童の状況を都道府県別、市区町村別にランキングで紹介していきます。

待機児童数が多い自治体はどこ?

待機児童数が多い自治体はどこ?

厚生労働省のまとめによると全待機児童の63.3%は、首都圏(埼玉・千葉・東京・神奈川)、近畿圏(京都・大阪・兵庫)の7都府県(指定都市・中核市含む)とその他の指定都市・中核市が占めています。

待機児童問題は全国的な話ですが、その中でも特に待機児童数が多い自治体はどこでしょうか。待機児童数の都道府県別、市区町村別ワーストランキングを見ていきましょう。

待機児童 都道府県別ワーストランキング

順位都道府県待機児童数順位都道府県待機児童数
1東京都3690人25京都府86人
2沖縄県1702人26長野県80人
3兵庫県1569人27徳島県73人
4福岡県1232人28長崎県70人
5埼玉県1208人29秋田県65人
6千葉県1020人30和歌山県54人
7神奈川県750人31栃木県52人
8大阪府589人32山形県45人
9宮城県583人33宮崎県43人
10岡山県580人34山口県40人
11滋賀県459人35高知県35人
12鹿児島県349人36大分県25人
13茨城県345人37佐賀県24人
14福島県274人38群馬県21人
15愛知県258人39福井県10人
16静岡県212人40新潟県2人
17奈良県198人40岐阜県2人
18香川県182人42青森県0人
19熊本県178人42富山県0人
20岩手県175人42石川県0人
21北海道152人42山梨県0人
22広島県128人42鳥取県0人
23三重県109人42島根県0人
24愛媛県103人

2019年の待機児童数ワースト1位は東京の3,690人です。ランキングを見ると上位には首都圏や政令指定都市を抱える都道府県が並んでいます。

ワースト2位は沖縄で1,702人。沖縄は全国的に見て平均年収が低く、共働きが多いことが待機児童の原因と考えられるでしょう。しかし、全国的に待機児童がいることから、多くの地域で保育のニーズがあることがわかります。

市区町村別 待機児童数ワーストランキング

順位市町村名待機児童数順位市町村名待機児童数順位市町村名待機児童数
1東京都世田谷区470人32宮城県仙台市121人63埼玉県川口市76人
2兵庫県明石市412人33東京都北区119人64沖縄県うるま市75人
3埼玉県さいたま市393人34東京都大田区116人65大阪府和泉市72人
4岡山県岡山市353人35埼玉県三郷市114人66千葉県船橋市72人
5兵庫県西宮市253人36東京都三鷹市114人67沖縄県宜野湾市71人
6沖縄県那覇市250人37東京都小金井市111人68滋賀県草津市70人
7兵庫県神戸市217人38東京都板橋区108人69長崎県大村市70人
8鹿児島県鹿児島市209人39東京都西東京市108人70神奈川県横須賀市70人
9沖縄県南風原町208人40香川県丸亀市101人71千葉県木更津69人
10沖縄県沖縄市198人41福島県福島市97人72奈良県奈良市69人
11東京都中央区197人42東京都小平市96人73埼玉県新座市68人
12東京都調布市182人43福岡県太宰府市95人74東京都狛江市68人
13東京都江戸川区170人44鹿児島県姶良市95人75沖縄県西原町68人
14兵庫県姫路市165人45千葉県印西市94人76福岡県那珂川市63人
15神奈川県藤沢市164人46東京都渋谷区92人77愛知県瀬戸市61人
16兵庫県宝塚市159人47沖縄県八重瀬町92人78滋賀県栗東市60人
17東京都中野区157人48東京都東村山市91人79沖縄県与那原町59人
18兵庫県尼崎市148人49千葉県習志野市89人80大阪府堺市58人
19東京都府中市146人50千葉県市原市89人81静岡県袋井市58人
20沖縄県南城市145人51沖縄県豊見城市89人82東京都立川市57人
21福岡県大野城市143人52沖縄県浦添市85人83神奈川県綾瀬市56人
22岡山県倉敷市143人53大阪府島本町84人84沖縄県石垣市55人
23千葉県浦安市142人54東京都墨田区83人85東京都葛飾区54人
24千葉県市川市138人55東京都台東区79人86三重県菰野町54人
25大阪府東大阪市137人56東京都目黒区79人87沖縄県糸満市54人
26福岡県筑紫野市133人57福岡県春日市79人88福岡県久留米市54人
27茨城県つくば市131人58神奈川県鎌倉市78人89神奈川県葉山町52人
28東京都町田市127人59福岡県糸島市78人90東京都江東区51人
29東京都国分寺市125人60東京都多摩市77人91千葉県君津市50人
30福岡県福津市124人61奈良県生駒市77人92神奈川県海老名市50人
31東京都足立区123人62香川県高松市77人

次に待機児童50人以上の市区町村別ランキングを見ていきましょう。ワースト1位は東京都世田谷区の470人で、2位以降も大都市圏が続きます。

都道府県別ランキングワースト2位の沖縄県は3市町がトップ10にランクイン。意外なことに鹿児島県鹿児島市も209人で8位です。ランキングを見ると待機児童の数は大都市圏だけではなく、地方でも地域によっては多いところがあるとわかります。

待機児童数100人以上の待機児童率ワーストランキング

順位都道府県市区町村待機児童率順位都道府県市区町村待機児童率
1沖縄県南風原町9.92%21東京都中野区2.38%
2福岡県福津市7.97%22沖縄県那覇市2.16%
3沖縄県南城市7.24%23神奈川県藤沢市2.08%
4福岡県筑紫野市5.86%24茨城県つくば市1.94%
5福岡県大野城市5.83%25岡山県岡山市1.93%
6兵庫県明石市5.33%26兵庫県尼崎市1.70%
7埼玉県三郷市4.44%27埼玉県さいたま市1.59%
8東京都国分寺市4.14%28東京都町田市1.58%
9東京都小金井市3.97%29鹿児島県鹿児島市1.52%
10東京都中央区3.73%30大阪府東大阪市1.49%
11沖縄県沖縄市3.65%31千葉県市川市1.41%
12兵庫県宝塚市3.64%32兵庫県姫路市1.37%
13千葉県浦安市3.58%33東京都北区1.35%
14香川県丸亀市3.26%34東京都江戸川区1.24%
15兵庫県西宮市3.00%35岡山県倉敷市1.20%
16東京都調布市2.99%36東京都足立区0.93%
17東京都三鷹市2.92%37東京都板橋区0.84%
18東京都府中市2.58%38東京都大田区0.76%
19東京都西東京市2.57%39兵庫県神戸市0.75%
20東京都世田谷区2.57%40宮城県仙台市0.57%

待機児童数が少なくても、申込者数に対する待機児童数が多いところは競争率が高くなります。地方の待機児童の状況は待機児童率も合わせてチェックしましょう(待機児童率=待機児童数÷申込者数)。

待機児童数100人以上の待機児童率ワーストランキングを紹介します。ワースト1位は沖縄県南風原町で9.92%。市区町村別の待機児童数が多い、沖縄や福岡の市区町村が上位にランクインしています。

地方でも保育園に入りにくい理由は?

地方でも保育園に入りにくい理由は?

待機児童数100人以上の待機児童率のワーストランキングには、沖縄や福岡が上位に入っていました。このランキングから地方でも地域によっては保育園に入りにくいということがわかるでしょう。しかし、地方の待機児童問題の原因は、都市部とは異なります。

保育園が少ない

過疎化が著しい地方では若い世代が減り、子供の人数も少なくなっています。その中でも保育園の数が減っている地域では保育園の選択肢が少なく、1つの園に申し込みが集中してしまうため、結果的に保育園に入所しづらくなっています。

保育士が足りない

待機児童問題の大きな原因の1つに、保育士不足があります。全国的に見ても保育士は不足しており、給料の低さや業務量の多さが保育士不足の原因です。

また、若い世代が地方から都市部へ出てしまったことで、過疎化が進んでいる地域ではさらに保育士不足が深刻化。その一方で保育士不足の状況を改善するために保育士の給与や待遇の改善を進めている自治体もあり、今後の保育士の状況は良い方向に変わるかもしれません。

所得の水準が低い

平均所得が低い地方では、共働きの世帯が増えます。保育園への入所を希望する世帯も増えますが、所得の水準が低い地域では待機児童数も多いのが現実です。特に沖縄は平均年収が全国で最も低く、待機児童数も全国ワースト2位になっています。

隠れ待機児童数を含めた待機児童数ワーストトップ10

順位市区町村待機児童数
1神奈川県横浜市3080人
2神奈川県川崎市2868人
3東京都港区2303人
4大阪府大阪市2144人
5北海道札幌市1689人
6埼玉県さいたま市1559人
7東京都江東区1500人
8福岡県福岡市1471人
9東京都世田谷区1387人
10東京都杉並区1383人

特定の保育園を希望している場合や、認可外保育園に通いながら認可保育園への入所を希望している子供は待機児童の数にカウントされません。

その他にも子供が預けられずに、止むを得ず求職活動を休止している人なども待機児童にカウントされていないので、自治体によって待機児童数に含む基準は異なります。

カウントされない隠れ待機児童の存在は待機児童問題で注意すべきポイントです。隠れ児童を含めた待機児童数のランキングによると、ワースト1位は神奈川県横浜市で3,080人。2位以降も都市部がランクインしています。

待機児童率で上位にランクインしている沖縄と福岡はランクインしていません。待機児童問題を解消するために国や各自治体はさまざまな取り組みをしていますが隠れ待機児童の存在もあることから、完全に待機児童問題を解消するのは時間がかかるでしょう。

まとめ

移住前に移住先の保育の状況を調べておきましょう

待機児童問題は都会だけでなく、地方でも深刻な状況の地域があります。また、待機児童が少ない地域でも保育園や幼稚園が減少し、どんどん保育園、幼稚園に入りにくくなっている市区町村もあります。

沖縄県や福岡県のように都会並みに保活が厳しい地域もあるため、移住先で保育を希望する場合は移住前に移住先の保育の状況を調べておきましょう。

自治体のホームページなどから待機児童数、待機児童率、隠れ待機児童の状況を事前にチェックするといいですよ。

移住支援.comは、地方移住を検討中の方へ移住情報をご提供する移住支援ポータルサイトです。

地方移住を失敗しない移住にできるよう、移住に関する仕事や求人・賃貸や古民家など物件情報、移住先での生活環境や自治体の支援制度など、移住に関する様々な情報で移住を支援します。地方への移住をご検討の方は、移住支援.comにお任せください!

© 2020 ijyu shien.com