移住支援情報ポータルサイト移住支援.com

メニュー

田舎暮らしで仕事を探すのは大変?移住先で仕事を見つける方法とおすすめな12の仕事

更新日: Aug 14, 2020

田舎暮らしで仕事を探すのは大変?移住先で仕事を見つける方法とおすすめな12の仕事

「のんびりした田舎に移住したい!」と考えるとき、まず不安に思うのは仕事のこと。田舎に仕事はあるのでしょうか? 地方都市ではない、いわゆる田舎での仕事事情や仕事の探し方、移住者に向いている仕事について紹介します。

田舎は仕事がない?移住先で仕事を見つけて田舎暮らしをしたい

田舎は仕事がない?移住先で仕事を見つけて田舎暮らしをしたい

人口が多い地方都市ではなく、のんびりした田舎に移住をする場合、移住先に仕事があるのか心配になりますよね。実際は田舎にもさまざまな仕事があり、自治体の支援や斡旋が受けられることもあります。

ただし、都会と田舎では仕事に対するイメージの転換は必要です。そこで、今回は田舎での仕事事情や仕事の探し方、移住者に向いている仕事を紹介します。移住後の仕事のことを詳しく知りたい人は是非参考にしてくださいね。

まず知っておこう、田舎での仕事事情

まず知っておこう、田舎での仕事事情

移住後に田舎で仕事をするなら、まずは田舎での仕事事情を知っておきましょう。田舎での仕事は都会の仕事と働き方や賃金の面でも異なる部分があるため、都会での仕事のイメージはリセットしてください。それでは田舎での仕事事情を見ていきましょう。

田舎での仕事は賃金が安い

田舎は都会と比べると賃金が安い傾向があるため、年収も下がる可能性があると考えましょう。正社員でも年収300万円以内というのが現実です。一方で地方では都会よりも娯楽費や家賃が抑えられるため、年収が下がっても生活はできます。

関連記事:地方移住したいけれど仕事はあるの?給料がいい仕事は?有効求人倍率と給与水準から調査

仕事探しは1~3月がねらい目

求人情報は1~3月に増えます。特に2~3月は新年度に向けて社内体制を整えるために採用活動が活発になる企業が多いです。また、転職活動にかかる期間は3~6ヶ月が一般的ですが、移住者の場合はそれよりも長めに6ヶ月~1年かけて転職活動をした方がいいでしょう。

通勤時間が短い

田舎は通勤時間が短く、車で30分以内での通勤が一般的です。都会のような通勤ラッシュもなく、短時間で出社できるので、通勤にストレスがかかりません。

関連記事:地方移住すれば通勤は楽になる?都道府県別の平均時間ランキングと通勤手段を紹介

共働きしやすい

田舎では通勤時間が短く、保育園の待機児童もほとんどいないため、共働きがしやすいというメリットがあります。都会と比べて賃金が下がりますが、共働きをすることで収入面のカバーが可能です。

田舎の移住先での仕事の探し方

田舎の移住先での仕事の探し方

移住をする際に今の仕事を辞めて転職をする場合、移住先の自治体で仕事に関するさまざまな支援や斡旋が受けられることがあります。田舎の自治体は移住してもらいたいと思っているため、移住前から仕事の相談ができるところもあり、自治体などの相談窓口は積極的に活用すると良いでしょう。

田舎での仕事の探し方1:ハローワークで探す

ハローワークはWebでも求人情報の閲覧ができます。移住先の求人情報も現地のハローワークに行かなくてもチェックが可能なので、どのような求人があるのかを調べてみると良いでしょう。

田舎での仕事の探し方2:ふるさと回帰支援センターで探す

NPO法人のふるさと回帰支援センターでは地方移住やU・I・Jターンを希望する人に向けて、地方での生活に関する情報の提供や相談の受付をしています。東京・大阪を除く45道府県の自治体と連携しており、移住前に希望する自治体に訪問して対面相談も可能です。

関連記事:地方移住の相談はどこにすればいい?東京、大阪、愛知での移住相談窓口まとめ

田舎での仕事の探し方3:自治体(現地)の相談窓口で探す

自治体の電話やメールで直接相談するのも良いでしょう。自治体のホームページから問い合わせをして、移住後の生活や仕事について聞いてみると、移住先の詳しい情報を得られます。

田舎での仕事の探し方4:公共職業訓練を受ける

地方では後継者不足が深刻化しているところも多く、後継者が不足している技術者を自治体が養成している地域もあります。長野の木工家具技術や京都の陶芸家を養成する訓練校など、地方ならではの産業や伝統工芸を扱うものは都会にはない職業訓練です。

田舎での仕事の探し方5:住まいと仕事のセットプランを探す

住まいと仕事のセットプランを探すのもおすすめ。寮や社宅付きの仕事を見つければ、仕事も住居も一度に確保ができるので移住後の生活も安心です。ナシ栽培や畜産農家、天然酵母パン職人や日本酒造りなどさまざまな職種の求人情報があります。

移住者向き、田舎でのおすすめな12の仕事

移住者向き、田舎でのおすすめな12の仕事

地方でもさまざまな職種がありますが、転職をする場合によそから来た移住者に向いている仕事を紹介していきます。今の仕事をリモートワークで続けるという選択肢もあるので参考にしてください。

移住者におすすめの仕事1:地域おこし協力隊

地域おこし協力隊とは移住者に向けた国の支援制度です。人口減少や高齢化が著しい地方で移住者を受け入れ、地域を活性化されるために活動をします。

期間は最大3年間で、国から給料が支給されます。自治体によって活動内容や給料の金額は異なりますが、町おこしのための活動をし、16~20万円程度の給料設定であることが多いです。

関連記事:地域おこし協力隊の仕事とは?募集している自治体や給与、注意点などを紹介

移住者におすすめの仕事2:一次産業(農業・林業・漁業・畜産業)

農業・林業・漁業・畜産業などの一次産業は、地方ならではの仕事です。移住者の中にはこれらの一次産業をしながら、他の仕事をする兼業農家の人もいます。後継者不足により働き手を募集していたり、仕事体験を実施しているところもあるので、興味のある人は移住前にチェックしてみると良いでしょう。

関連記事:地方移住、田舎暮らしを始めて農業をしたい人向けの就農支援制度を紹介!

関連記事:地方移住して漁業を仕事にしたい!高収入?どんな仕事?漁師になる方法は?

関連記事:地方移住して畜産を仕事に!収入は?どんな仕事?仕事はどう探せばいい?

移住者におすすめの仕事3:建設業

建設業は高齢化と若者離れが原因で、全国的に人手不足が深刻化しています。地方でも技術者が不足していて、現場経験のある人や若い世代であれば転職活動がしやすいでしょう。

移住者におすすめの仕事4:工場

地方には製造業などの工場がたくさんあります。中には寮付きの工場もあり、仕事と住居を一緒に確保することも可能です。工場勤務は就業も規則的で、休日の予定も立てやすいでしょう。残業が少ない工場なら休日に農作業や釣りなどをして、田舎での生活を満喫できます。

移住者におすすめの仕事5:役場勤務

役場勤務は安定して給料を得られるというメリットがあります。役場の仕事は事務的な業務だけでなく、部署によっては観光業務や地域活性化に関われることもあり、やりがいのある仕事を見つけられるかもしれません。気になる人は移住先の自治体で募集があるかチェックしてみると良いでしょう。

移住者におすすめの仕事6:コールセンター

地方でもコールセンターの仕事は人気です。初心者でも始めやすく、大人数の雇用を生み出せることから、パートや時短勤務も可能なことが多いという特徴があります。転勤もないところがほとんどで、長く働き続けられるのもコールセンターの良い点です。

移住者におすすめの仕事7:事業継承

地方では人口減少や少子化の影響で、後継者が見つからず廃業せざるを得ない経営者も少なくありません。廃業を避けるために身内ではない第三者に事業継承をする経営者もいて、積極的に支援を行う自治体もあります。事業継承は地方移住後に新しいことに挑戦したい人の選択肢の1つになるでしょう。

移住者におすすめの仕事8:起業

都会よりも地方のほうが起業へのハードルは低くなります。移住者が地方で起業をする際に自治体の助成を受けられるところもあるので、助成制度を利用すれば費用の面で負担を軽減することが可能です。

移住者におすすめの仕事9:古民家カフェや民宿

地方では空き家になっている古民家があるため、それを利用して古民家カフェや民宿を経営することもできます。都会よりも古民家の取得費も安いため、古民家をリノベーションをして温かみのあるカフェを開くのも素敵です。

関連記事:古民家で田舎暮らし!失敗しない古民家の選び方と注意点

移住者におすすめの仕事10:高齢者サポート(医療・介護)

高齢化が進んでいることもあり、高齢者サポートなど医療や介護の仕事も地方で需要のある仕事です。地方にも介護施設やデイサービスがあるため、経験のある人や資格所有者であればすぐに率先力として働けるでしょう。

移住者におすすめの仕事11:リモートワーク

プログラマー、ライター、デザイナーなどのクリエイティブな業務は、地方でも勤務は可能です。フルリモートワーク化している企業の社員であれば、どこに住んでいても仕事ができます。田舎でのんびりと生活をしながら、現在の仕事を続けられると生活面で安心です。

関連記事:在宅ワーク、リモートワークをしながら地方移住は可能?仕事は?給与は?

移住者におすすめの仕事12:自伐林業

自伐林業は1世帯や1集落などの小規模で行う林業のことで、低資金で始められます。移住者の中には副業として自伐林業をしている人も増えました。農業のように天候の変化に左右されにくいことから、収入が安定しやすいのも自伐林業が注目されている理由です。

関連記事:地方移住して林業で働きたい!森林作業員はどんな仕事?収入は?仕事はどう探せばいい?

まとめ

田舎と都会では求人も働き方も事情が違います

田舎と都会では求人も働き方も事情が違います。しかし地方でも仕事はありますし、都会の仕事を経験している人だからこそ地方で役に立つことがあるんです。地方で働くなら一度「仕事」の考え方をリセットして、あなたらしい働き方について考えてみてくださいね。

移住支援.comは、地方移住を検討中の方へ移住情報をご提供する移住支援ポータルサイトです。

地方移住を失敗しない移住にできるよう、移住に関する仕事や求人・賃貸や古民家など物件情報、移住先での生活環境や自治体の支援制度など、移住に関する様々な情報で移住を支援します。地方への移住をご検討の方は、移住支援.comにお任せください!

© 2020 ijyu shien.com